北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
命について考えているのか・・?

どうも、ここ最近の政治をやる人々は、国民の命のことを真面目に考えているのだろうか?
そう考えてしまう。
バブル時代よりも企業が潤っていたと言われるリーマンショック以前でさえ
企業の内部留保は増えたかもしれないが、労働者の総賃金は5兆円も減ったという。
賃金を抑制したから・・労働者から搾取したから企業が潤ったのではないの?
労働者が定年退職しても、すぐには年金が支払われないという。
無年金期間だ。
働いている間に積み立てているのは、定年退職した後の生活のためだ。
それを出さないという。
そのために貯金をしろとか言ってくる。
しかし、賃金は抑制されたままだ(>_<)
だったら再任用か?
しかし、私の周辺では、再任用者にひどい仕打ちだ。
居住地区とはかけ離れた場所に行けという。
どこの地区でも再任用されているのだから、近いところに行ってもらえばいいのに・・
まるで再任用者を虐めているようだ(>_<)
これって、政策的にも問題だよね?
上限はあるにせよ、交通費は高くつくのだから・・
資源がない国にとっては、資源を節約する政策も必要じゃないの?
通勤手当の削減にもなるし(>_<)
まあ、集団的自衛権容認なんてことを、閣議決定だけで行おうとする人々だから、
戦地に行く兵士の命なんか、将棋の駒くらいにしか考えていないんだろうね。
ただでさえ若者の数が減っている時代。
その若者の生命を失う可能性のある政策をとって、
この国の将来はあるのだろうか?
再任用だって、同じ理由で日本の将来のためにならない。
だって、再任用者が増えたら、その分若者の職が減るんでしょ?
だったら、ジジイに早いとこ年金払って、フレッシュな人材を使えばいいんじゃないの?!
若者の賃金を抑制し、子どもどころか結婚さえ躊躇させている現状。
これは労働者の賃金を抑制しているからに他ならないでしょ?
若者のクルマ離れだって、金が無いから買えないだけだ。
全ては富裕層だけに恩恵のある政策をとっているからでしょ?
それでこの国が滅びても富裕層は関係ないのか(^_^;)
どこか外国に脱出するんだね・・
そうやってこの国を外資に売りつけたり、略奪させたりするのにまかせて、
何がこの国の伝統や文化だ(>_<)
その歴史や伝統や文化を壊そうとしているのが今の政策だ。
少なくとも国民の命を考えた政策をとってもらいたい。
まずは、毎日を安心して暮らせる政策。
賃金も、学資も、医療費も、税金も、年金も。
社会保障が安定すれば、幸せを感じる人も増えるのではないのかな?
全て、国民の命に直結する政策だ。
そこで、少しでも国民の命を考えている政策だと思えるようになったら、この国も変われるのではないかな・・

by kitanomizube | 2014-09-05 21:15 | 政治
<< 何故こんなに・・ 美味いもの(^^) >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク