北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
<   2014年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
 
こんなこと言ってるの?

自爆解散をした政権は、こんなことをして報道を封じようとしている
literanewsの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
『NEWS23』の安倍逆ギレが原因? 自民党がテレビ局に批判封じ込めの通達
『NEWS23』(TBS系)の街頭インタビューに「厳しい意見を意図的に選んでいる」と陰謀論まがいの主張をまくしたて、各方面から批判を浴びた安倍首相。だが、本人はそういった声に一切耳を貸すつもりはないようだ。それどころか、直後から、自分たちを批判しないようにテレビ各局に圧力をかけはじめた。
〈選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い〉
『NEWS23』出演から2日後の11月20日、在京テレビキー局の編成局長、報道局長宛てにこんな題名の文書が送られてきた。差出人は「自由民主党 筆頭副幹事長 萩生田光一/報道局長 福井 照」。文書はこう始まる。
〈さて、ご承知の通り、衆議院は明21日に解散され、総選挙が12月2日、14日投開票の予定で挙行される見通しとなっています。
 つきましては公平中立、公正を旨とする報道各社の皆様にこちらからあらためて申し上げるのも不遜とは存じますが、これからの期間におきましては、さらに一層の公平中立、公正な報道にご留意いただきたくお願い申し上げます。〉
 一見、低姿勢で〈公平中立〉などときれいごとを並べているが、わざわざこの時期に通達をしてくるということ自体、明らかに自民党に批判的な報道をするな、という脅しである。実際、この後にはこんな記述が続く。
〈過去においては、具体名は差し控えますが、あるテレビ局が政権交代実現を画策して偏向報道を行い、それを事実と認めて誇り、大きな社会問題となった事例もあったところです。〉
 
 ようするに、テレビ朝日の椿発言のことを持ち出して、「ゆめゆめ、政権交代の手助けをしようなんて考えるなよ」と釘をさしたわけだ。
 そして、以下のように、具体的な要求項目を並べたてる。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

世論を軽視する割に
世論を気にしているのかもしれない
あれだけ好き放題やって、批判がないとでも思っているのだろうか?

この人は、ヘイトスピーチも容認らしい
わが祖国日本への恋文だって(^_^;)

~~~~~~ここから~~~~~~~
中国はゴキブリ、韓国はダニ!安倍首相がヘイトスピーチ連発の宮司を大絶賛

安倍首相が推薦文を寄せた『わが祖国日本への戀文』。著者のブログはヘイトスピーチの嵐だった!
 あまりに大義のない解散劇。マスコミはすっかり安倍政権の情報操作に乗せられ、選挙モードに突入しているが、だとしたら、われわれはなおさら、この間、安倍政権がやってきたことを再確認しておく必要があるだろう。
 連中にどんな疑惑がもちあがったのか。連中がどんな思想をもち、どんな危険な政策を進めようとしていたか。
 とくに、うやむやにしてはならないのが、極右・ヘイト勢力との関係だ。第二次安倍政権では、山谷えり子拉致問題担当相兼国家公安委員長、高市早苗総務大臣、稲田朋美政調会長など、複数の閣僚にヘイトスピーチ団体の在特会やネオナチとの関係が次々浮上したばかりか、安倍首相自身にも在特会元幹部とのツーショット写真が出回った。
 彼らは一様に「そういう団体の関係者だとは知らなかった」と弁明していたが、これは明らかなごまかしであり、安倍政権とヘイト極右団体の癒着は構造的なものだ。
 実際、最近も新たに、安倍晋三とヘイト極右活動家の関係を物語る情報が飛び出している。
 昨年3月、安倍首相はある自費出版本に推薦文を寄せた。『わが祖国日本への戀文』という本で、著者は奈良県吉野にある吉水神社の宮司・佐藤一彦氏。吉水神社は世界遺産にも登録された由緒正しい神社だ。
 この本の巻頭2ページに、安倍首相が「推薦のことば 安倍晋三」というタイトルの文章を寄せ、こう佐藤氏を絶賛している。
〈「戀文」は、佐藤宮司の魂の日記ですが、戦後失われた「日本人の誇り」をテーマとして、自分の国は自分達が守らなければならないという強い意志を感じます。世界一の日本人、世界一の国家をめざして進むための道標となることと思います〉
 佐藤氏は山口県小野田市出身で、安倍首相と同郷だというが、現役の首相が個人の書籍にここまできちんとした推薦文を書くというのは、相当に親しい関係だと推測される。
 ところが、今週発売された「サンデー毎日(毎日新聞社)11月23日号の「『ヘイトスピーチ神社』過激暴言!」によると、この安倍首相が絶賛する佐藤宮司は、右派市民団体の会長を務めており、過激なヘイトスピーチを発信している人物なのだという。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

容認じゃなくて大絶賛だった(>_<)
こういう、世界的に批判されるようなことは容認で
まともな報道は統制しようとする
まったく、これでいいのか? 日本人(>_<)

by kitanomizube | 2014-11-30 08:51 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
ヴァイオリンもいいね(^^)

千歳フィルのバイオリン奏者の方の演奏を聞く機会があった。
そこで聞いた葉加瀬太郎の「情熱大陸」が耳に残って
YouTubeで探して聞いていたのだが(^_^;)
けっこうヴァイオリンを弾く人っているのだとわかった(^_^;)
そして寺井尚子さんにはまった(^_^;)
リベルタンゴから聴き始めて

スペイン〜チックコリアの

そしてappassionata


そういえば、タンゴなどラテン系の曲には昔からヴァイオリンが使われていた
親和性が高いんだな(^^)
素晴らしくJAZZしている(^^)
やってみたくなるね(^_^;)
それにしても素晴らしいな・・寺井尚子さん(^^)

by kitanomizube | 2014-11-29 00:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
 
ここを変えたい

やはり、日本は最低の国だった(T_T)
c0046416_647022.png

大学の授業料は世界最高額
公的な給付型奨学金(返済なし)がない
奨学金とは名ばかりの「学資ローン」しかない
しかも「民間の活力」とかいうわけのわからない論理で、督促を強化している。
大学を卒業しても就職がない
あってもブラック企業
こうやって貧困に突き落とされ、もがいている若者を「自衛隊に」と提案する経済同友会(T_T)
完全にかの宗主国の真似をしていますよね(T_T)
こうやって若者を食い物にし、若者を潰していく国に、未来なんてあるのでしょうか?
この記事は、ぜひ読むべきです。

~~~~~~ここから~~~~~~~
若者をローン地獄に突き落としブラックバイト・ブラック企業の人権侵害誘発する世界最悪の日本の奨学金
私が企画・編集したインタビュー記事を紹介します。このインタビューを読むと、じつは日本の「奨学金」というのは単なる「ローン」でしかなく、「世界の常識」からするとそもそも「奨学金」とは呼べないものであり、若者の貧困に拍車をかけるだけでなく、「ブラックバイト」や「ブラック企業」による人権侵害誘発や「奨学金被害者」まで生み出す大きな社会問題であることがよく分かります。しかも若者を苦しめる「奨学金ローン地獄化」は、歴代自民党政府の「行政改革」「構造改革」がもたらしたものであることも時系列を追って分かるインタビューになっています。若者の貧困問題を一層深刻化させる「世界の非常識」と言える「日本の奨学金」は、今回の総選挙でも大きな争点にして、ただちに改善をはかる必要があると思います。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

日本育英会って、潰されていたんですね(T_T)
その代わりにできた「学生支援機構」という胡散臭い名前の独立行政法人
ここも成果主義と予算の削減で、正規雇用者が半分に。
その代わりに非正規雇用者が雇用され、その大部分が年収200万円以下の完成ワーキングプア。
で、奨学金事業の仕事をしているのに、自分たちが給付された奨学金の返済ができない・・というのは
最早ブラックジョークの次元?

こういう制度を推し進めているのが「新自由主義」とか「金融資本主義」と呼ばれる思想。
その尖兵が、J民党の歴代首相たち
特に郵政民営化の時のJKと、その時の政策を書いていたHeizou
そして、そのJKを師と仰ぐ現首相が旗を振っている
この国と、この国の若者を貢物にして、富と地位と名声を得ようとしているとしか思えない。
単に、自分の命を守っているだけ? にも見えるけど・・
そうしないと、宗主国に消されるのかな(T_T)

目立つのは、こんな政治家だけど
本当は、裏で官僚が進めている。
そのことがよくわかるのがこの本
「日本はなぜ、基地と原発をとめられないのか」

途中まで読んで、本当にがっかりするとともに
そうだったのか・・の連続。
こちらもご一読を(^^)v

by kitanomizube | 2014-11-28 06:46 | 教育 | Trackback | Comments(0)
 
ナチス型政治へ?

現政権のやりかたは、ナチス型政治だという
yahoo newsの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
国民に考える暇を与えないナチス型政治との対決
田中 良紹 | ジャーナリスト
2014年11月21日 23時41分

衆議院が解散された。解散と同時に選挙戦が始まる。その選挙戦は選挙が公示される12月1日までが本番である。外国と違い日本の公職選挙法は選挙中の運動に様々な縛りをかけており、選挙に入ると自由な活動が出来ない。そのため選挙が始まるまでの運動で当落は決まると言われている。

他の民主主義国では考えられないほど日本の選挙は奇妙な仕組みの中にある。昔、「公職選挙法の珍奇」というブログを書いたので、詳しくはそちらを読んでほしいが、なかでも異常なのは選挙期間の短さである。1年がかりで行われるアメリカ大統領選挙は別格にしても、欧米では選挙期間が短い事を良い事だとは考えない。

国民に判断する時間を与えない事を反民主主義と考える。ところが日本では「選挙にカネがかかる」という理由で選挙期間を短くしてきた。それは現職議員に有利な結果を生みだす。選挙期間が短ければ顔を知られた現職が新人候補より有利になるのは当たり前である。現職議員によって作られた公職選挙法は「政治とカネ」を表向きの理由に世界の民主主義とは逆の方向を向いている。

従って選挙の当落を決めるのは解散から公示までの期間である。それが今度の選挙では11日間に過ぎない。過去最も短い森元総理の「神の国解散」と並んでいる。前回の野田総理の解散では18日間、麻生総理の時は28日間、小泉総理の郵政解散でも22日間の時間があった。しかし安倍総理の解散は国民に考える暇を与えたくない意思を感ずる。

森元総理は「有権者は寝ていてくれれば良い」と発言したが、安倍総理にも同様の考えが読み取れるのである。国民にじっくり考えられると解散の本音を読み取られてしまうと怖れているようだ。安倍総理は今回の解散を「アベノミクス解散」と自ら命名したが、本音を読み取られる前に国民を誘導し、そのままの形で早く選挙を終えたい。それが見えるのである。

何度も書くのは嫌なのだが、解散・総選挙をやらなくとも消費税引き上げ「延期」は法律に従ってやれた。法律に書き込まれているのだから重大な「変更」ではない。もちろん国民に聞く必要もない。にもかかわらず解散に打って出たのには他に理由がある。

一つは「アベノミクス」に先がない事を知っているからである。日銀の追加金融緩和のサプライズで市場を一時的に驚かすことはできた。しかし上がった株価がいつまで持つか実は気が気でない。その前に足場を固めないと、自民党の中からも足を引きずられる恐れがある。

海外は既に「アベノミクス」には先がない事を論じている。日本国債をすべて日銀が買う体制をどこまで続けられるのか、その出口戦略に疑問がある。出口戦略は先に行けば行くほど難しくなるが、どうするつもりなのかが全く見えない。

外国人エコノミストの中には、日銀が国債を買うのではなく同額を国民に配った方がデフレ脱却に効果的だと主張する人もいる。1年以内に使わなければ無効になるカードで国民に配れば、確実に需要が増えてデフレから脱却できるというのである。

またもうけ過ぎの大企業が抱えている200兆円を超える内部留保に課税すれば良いと主張する人もいる。大企業は内部留保を設備投資や賃上げに回す事になり、経済の好循環が生まれるというのである。とにかく「アベノミクス」などやらなくともデフレ脱却の知恵はあるはずだという。

しかし安倍総理には誰かから吹き込まれた「アベノミクス」以外の事を考える能力がない。「この道しかない」と言い募って他の知恵を拒否する。「これしかない」と知恵を持たない者に言われても知恵のある者は困る。無理心中を迫られている気になる。

だが安倍総理が相手にしようとするのは知恵のある者ではない。安倍総理は第二次政権誕生以来、国民から合理的判断能力を奪う事を目的に政治を推し進めてきたように思う。政策課題をめまぐるしく国民に提示してじっくり考えさせることをしない。

アベノミクスも特定秘密保護法も集団的自衛権も地方創生も女性の輝く社会も、十分な時間をかけて議論が行われたという実感がない。肝心な議論は常に先送りで課題だけが中途半端なまま既成事実化されてきた。私がこれまで経験した事のない政治である。

それがこの解散劇にも適用されている。何のための解散か分からない解散をするところに安倍総理の目的はあるようだ。それは国民から合理的な判断能力を奪う。そして理性を感情に委ねる国民を創りだす。私は片山杜秀慶応大学教授の著作によってヒトラーが民主主義のドイツ国民をファシズムに引き入れる時に使った手法がそれである事を知った。

ならばこの選挙は日本国民がナチス型政治に組み込まれるかどうかの選挙である。それは戦後史に於いて日本国民が経験した事のない選挙である。その重大な岐路に立ち向かっている事を国民は自覚すべきだと私は思う。考える暇を与えない政治と対決するのである。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

この記事は、頷ける部分が多い(^^)
考える暇を与えない・・というのももちろんだ。
普段考えていないと、何が始まったかわからなくなる。
いつも考えていると、その考えとの比較で、物事を理解することが可能かもしれないが・・(^_^;)
これが、ヒトラーが取ったやり方と同じだという。
まあ、堂々とナチスに倣えと言う閣僚がいるのだから
本気でナチスのやり方を学んでいるのだろうね(>_<)
この記事で、特に目を引いたのは、対案を示している部分
海外の有識者のコメントとして紹介されている部分だ
~~~~~~ここから~~~~~~~
外国人エコノミストの中には、日銀が国債を買うのではなく同額を国民に配った方がデフレ脱却に効果的だと主張する人もいる。1年以内に使わなければ無効になるカードで国民に配れば、確実に需要が増えてデフレから脱却できるというのである。

またもうけ過ぎの大企業が抱えている200兆円を超える内部留保に課税すれば良いと主張する人もいる。大企業は内部留保を設備投資や賃上げに回す事になり、経済の好循環が生まれるというのである。とにかく「アベノミクス」などやらなくともデフレ脱却の知恵はあるはずだという。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

納得できるのは、現在の日本がデフレなのは、国民が金を使えないからだと考えていた。
それは賃金を低く抑えこまれているからだ
労働者に賃金を払えば、非正規雇用をなくせば
国民は・・労働者は、金を使うだろう
そうすれば経済は回り始め、デフレからも脱却するだろう
金があって、将来に不安が減れば、少なくとも今よりは結婚しようという若者も増えるだろう。
それは、少子化対策にも繋がる。
何をしても少子化が進行するのは、第一に金が無いからだ。
仕事が無い、あっても賃金が安い、将来の不安もある・・そんな状態で、誰が結婚や子育てを考えるだろうか?

もう一つは、企業の内部留保だ。
200兆円もの利潤を企業が溜め込んでいる。
バブルの時期でさえ、利潤は労働者へも分配された
それが分配されず、こうやって貯めこまれている
だから経済が回らないんだろ?
そう考えていたが、やはりそういう評価が多いようだ。
だから資産課税・・というのも同じ意見だ。
徹底的に絞られている労働者から、これ以上どうやって絞るというのか?
それよりこの200兆円に課税したほうが確実だろう。
そして、ここにあるように、税として納めるよりは使う・・方向へシフトするのが企業だ。
設けているくせに、税を収めることさえしたがらない。ふざけてるね(>_<)
バブルの時期も、法人税率が高かったから、節税のために賃金へ還流したという。
これをさせたら、かなり様々な懸念が解消されるんじゃないの?

どっちにしても、これ以上ナチス信奉者に政治を任せる訳にはいかないね。

by kitanomizube | 2014-11-24 07:04 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
長野県北部って・・

長野県北部で、昨夜地震があった
箱根も結構揺れた(^_^;)
東京新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
長野の震度6弱、負傷者39人に 住宅倒壊や土砂崩れ相次ぐ
2014年11月23日 14時06分

 長野県北部で震度6弱を記録した22日夜の地震による負傷者は、長野市や白馬村など県内で計39人に上り、うち7人が重傷だったことが23日、県災害対策本部の調査で分かった。住宅倒壊や土砂崩れも相次ぎ、県は白馬村のほか小谷村、小川村に災害救助法を適用。余震も続いており、気象庁は警戒を呼び掛けた。
 警察庁によると、重傷者は長野市で男女2人が骨折したほか、白馬村4人、松川村1人。負傷者の多くは倒壊した住宅の住民だった。
 大町市立大町総合病院によると、23日午前7時までに24人が受診し、うち5人が入院した。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

あのくらい揺れると、怪我をされた方もいるんだね(>_<)
それも大変だけど、やはり気になるのは別のこと
長野北部は、新潟と接しているよね(^_^;)
新潟南部といえば、柏崎刈羽?
この地震で、配管などがダメージを受けたりしていないのだろうか?

福島も、津波の前に廃刊がダメージを受けていたのではないか?
だから冷却水をいくら注入しても満水にならなかったのではないか・・と言われていた。
冷却水の配管等が、地震に弱いということは、以前から指摘されていた
昨夜は大丈夫だったのだろうか?
いくら停止中とはいえ、原発は停止中でも冷やし続けなければならない(>_<)
そこで配管がダメージ受けると、冷やせなくなるという事態になる可能性がある。
ここはきっちりと点検してもらいたいよね(^_^;)

by kitanomizube | 2014-11-23 18:53 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
長野県北部って・・

長野県北部で、昨夜地震があった
c0046416_18562518.png

箱根も結構揺れた(^_^;)
東京新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
長野の震度6弱、負傷者39人に 住宅倒壊や土砂崩れ相次ぐ
2014年11月23日 14時06分

 長野県北部で震度6弱を記録した22日夜の地震による負傷者は、長野市や白馬村など県内で計39人に上り、うち7人が重傷だったことが23日、県災害対策本部の調査で分かった。住宅倒壊や土砂崩れも相次ぎ、県は白馬村のほか小谷村、小川村に災害救助法を適用。余震も続いており、気象庁は警戒を呼び掛けた。
 警察庁によると、重傷者は長野市で男女2人が骨折したほか、白馬村4人、松川村1人。負傷者の多くは倒壊した住宅の住民だった。
 大町市立大町総合病院によると、23日午前7時までに24人が受診し、うち5人が入院した。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

あのくらい揺れると、怪我をされた方もいるんだね(>_<)
それも大変だけど、やはり気になるのは別のこと
長野北部は、新潟と接しているよね(^_^;)
新潟南部といえば、柏崎刈羽?
この地震で、配管などがダメージを受けたりしていないのだろうか?

福島も、津波の前に廃刊がダメージを受けていたのではないか?
だから冷却水をいくら注入しても満水にならなかったのではないか・・と言われていた。
冷却水の配管等が、地震に弱いということは、以前から指摘されていた
昨夜は大丈夫だったのだろうか?
いくら停止中とはいえ、原発は停止中でも冷やし続けなければならない(>_<)
そこで配管がダメージ受けると、冷やせなくなるという事態になる可能性がある。
ここはきっちりと点検してもらいたいよね(^_^;)

by kitanomizube | 2014-11-23 18:53 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
予定通りだね(^_^;)

衆議院が、首相の思惑通り解散した
「とりあえず解散」
「今なら勝てる解散」
「自爆解散」など、様々に呼ばれている・・大義がないことの証明だね(^_^;)
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
衆院が解散、総選挙へ 来月2日公示、14日投開票(11/21 08:44、11/21 14:47 更新)

 衆院は21日午後の本会議で解散された。これを受け政府は臨時閣議で衆院選日程を「12月2日公示―14日投開票」と決定した。安倍晋三首相が掲げる経済政策「アベノミクス」継続の是非が大きな争点となる。与野党は、第2次安倍政権による集団的自衛権の行使容認を含む安全保障政策や、原発再稼働、特定秘密保護法の施行をめぐっても論戦を展開する見通しだ。「安倍政治」への審判となる。

 政府は21日午前の定例閣議で解散を決め、全閣僚が関係書類に署名。首相は閣議後、一部閣僚と個別に会い「自分のことよりもしっかり(若手候補らの)応援に入るように」と指示した。午後の衆院本会議では、伊吹文明議長が解散詔書を朗読して解散を宣言した。首相は午後6時に官邸で記者会見する。

 解散は現行憲法下で23回目。今回、小選挙区は「1票の格差」を是正するための「0増5減」で295議席となり、比例代表180と合わせた計475議席を争う。

 一方、解散に伴い、安倍政権が重要法案と位置付けた女性の活躍推進法案や労働者派遣法改正案、専任の五輪担当相を設置するための五輪特別措置法案のほか、カジノを核とする統合型リゾート(IR)整備推進法案などは廃案となった。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

この解散には「大義」がないことは、すでに様々な人が話しているとおりだが(^_^;)
与党内にも「議席を減らす選挙への抵抗」はあるようだ。
野党の選挙準備ができていないから・・という作戦のようだが(>_<)

どっちにしても、解散して議席が減っても、まだ与党第一党は譲らないというおごりだろうね(>_<)
残念ながら、民主党に失望した国民が投票したい受け皿の整備はできあがっていない(>_<)
でも、おごれる者共に後悔させるような結果を取りたいね(^O^)
棄権することが、最も的に都合が良いことになる。
消費増税反対の多くの国民の意見を、一票に託そう(^O^)

2日告示、14日投票・・予定通りだね(^_^;)

by kitanomizube | 2014-11-21 18:06 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
新増設??

電力自由化に向けて、原発は「コストが高いから、市場価格との差額を補填する」という議論が始まっているらしい(゜o゜;
そもそも総研という番組らしい・・・テレビ無いので(^_^;)


詳細は見ていただくのがいいと思うけど
福島の現実を見ているにもかかわらず、新増設って・・
っていうか、原発を存続させるっていうのは、正気とは思えない(>_<)
日本は、民主主義国家ではなかったのか?
パブコメでも原発反対派9割だったと読んだけどな・・・(>_<)

司法を動かして原発を止めようという動きが生まれているらしい
弁護士が作っている映画の予告編だ


私たちは、将来の子孫のために、どういう選択をしたらいいのだろう?
アホな政権が、この選択の場を作ってくれたらしいから
しっかり民意を届けたいね(^^)v

by kitanomizube | 2014-11-21 06:49 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
わかりやすい(^^)v

やっと読み終えた(^_^;)
古賀茂明氏の国家の暴走
c0046416_16252633.jpg

現在の状況に則して書かれているから、読みやすくわかりやすい(^^)
現政権の何が問題で、どうすべきかがよく分かる。
一読をおすすめ(^^)v

by kitanomizube | 2014-11-20 16:25 | | Trackback | Comments(0)
 
本当だね

昨日の沖縄知事選は、現職に10万票以上の差をつけて、辺野古基地反対派の新人が勝った(^^)
基地の負担は「もう勘弁して下さい」という県民の気持ちが集まった結果だろうと書かれている。
greenpeace japanの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
「もう勘弁してください」は誰が言うべきか、沖縄県知事選と解散総選挙 
投稿日 - 2014-11-17 10:39
「もう勘弁してください」は誰が言うべきか。
昨日の沖縄県知事選挙で、沖縄県辺野古への基地移設反対を訴えた翁長雄志氏が、現職候補に10万票以上の差をつけて圧勝した。
あの綺麗な海を泳ぐジュゴンやウミガメ、そして海底で物言わず棲み続けるサンゴたちもこの結果を喜んでいるにちがいない。
当選確定後、翁長氏は「『もう勘弁してください』との(沖縄県民の)切実な思いが今回の選挙にはあったと思う」と語った。しかし、本来「もう勘弁してください」と素直に負けを認め、基地建設の方針を撤回すべきは安倍政権ではないだろうか。それが民主主義のはずだ。


辺野古の基地建設工事が強行される?
むしろ、政府は「(建設の是非は、)過去の問題」(菅義偉・官房長官)として、より強行的に建設を進めるだろう。
先日、選挙前の辺野古を訪れたが、海上での工事作業はストップしていた。「選挙期間中だったこともあって、県民に工事を強行しているというイメージをつけたくないのだと思うよ」と現地で座り込みを続けている沖縄の"おばあ"は言っていた。

同時に「選挙が終わってからが、辺野古の現場の本当の闘いかもしれない」とも語っていた。それは、政府がより強行な方法を使って工事をするだろうと予想しての言葉だった。

裸の王様は誰?
カネと権力で民主主義を無視するやり方には本当にうんざりだ。今回の沖縄県知事選の結果は政府の札束攻撃に人々が反旗を翻した結果だろう。この政権はカネと権力に頼るしか選択肢がないのだろう。そんな政府に誰が敬意を払うのだろうか?
APECに出席した安部首相の存在感のなさは、カネや偏見的なナショナリズムをまとった裸の王様のようだった。国際社会でのカリスマ性は微塵もない。
そんな裸の王様が自分の延命のために解散、総選挙をしたいという。アベノミクスは格差と借金を、秘密保護法は不信を、集団的自衛権は不安を、そして原発再稼働は危険を広げている。

来年は戦後70年だ。
沖縄県民は今回の選挙で、70年目に向けて民主的なパワーを取り戻した。年末の総選挙、そして来年の統一地方選で、日本全国で同様のことを起こして、70年前の教訓に対して襟を正すとともに、将来世代を真剣に考える政治を取り戻そう。
「もう勘弁してください」というべきは、総選挙後の安倍政権であるべきだ。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

本当だね
意味の分からない総選挙に打って出るらしいから
ここは「もう勘弁して下さい」と言わせるためにも
総選挙で、立ち直れないほどの絶対的な勝利を目指そう(^^)
国民の事を考えない政治しかしない人たちには
もう、政権を預けては置けない
その民意を突きつけよう!!

by kitanomizube | 2014-11-17 21:52 | 政治 | Trackback | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク