北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
 
岡ちゃんが良いことを言ってる(^^)

サッカー元日本監督の・・コンサ監督でもあったね・・が「リアルな中国。知れば考えに幅」と訴えている。
朝日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
「リアルな中国、知れば考えに幅」 岡田武史さんに聞く
2013年12月31日18時41分
 ――中国での監督生活は尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立と重なり、反日デモもありました。

 「身の危険なんて感じたことはないよ。アウェイの試合で『ばかやろう』と一度、言われたぐらいだね。サポーターたちが私の顔を大きく描いた応援用の横断幕を取り下げた時期があったけど、騒動を心配した公安が指示したからでしょう。街では、サインや写真の撮影を求められたり、頑張れ!と声をかけられたりした。あの時期、チームのオーナーは『嫌な気分だろう』と気遣って、自分の別荘にでも行くか、とも言ってくれた」

 「デモで日本車を壊し、日系スーパーを襲ったのは、一部の中国人だよ。日本のニュースを見ていると、中国人みんなが全土で暴れているのか、と勘違いするよね。メディアはニュースをクリックしてもらえるように一部を強調して流す。ぼくだって日本にいてそんな報道だけ見ていたら中国人っていやなやつだなあ、としか思わなくなる」

 ――かたや中国では、軍国主義化する日本が、いまにも戦争をしかけるような報道も少なくない。

 「両国とも政治家とメディアがあおりあって、おりられなくなっている。ぼくは、どんな問題があっても自分の子どもを戦場に送りたくない。中国にきてみて分かったのは、こちらの親だって、同じ考えだよ。答えは簡単だ。話し合いしかない。国と国、文化と文化がぶつかれば、接点をさぐるしかないでしょう」

 「自分たちの意見だけ主張していればいつまでたっても合意点はない。政治家は分かっているはずだけど、引くに引けない。日本だったら支持率が下がり政治生命が断たれる。中国だったら政変がおきる、と。結局、国民自身が大事なものは何かを考えるしかない。サッカーの選手が監督の指示を待たず、自分で考えなければならないのと同じだ」

 「だけどね、こんなふうに話すと、あいつ、どうしちゃったんだ、国を売ったのか、と言われかねない危険な空気があるよね、いまの日本には」
~~~~~~ここまで~~~~~~~

やっぱり、報道だけを信じてはダメだということだね。
報道は、全てを伝えているわけではないんだ。

「両国とも政治家とメディアがあおりあって、おりられなくなっている。ぼくは、どんな問題があっても自分の子どもを戦場に送りたくない。中国にきてみて分かったのは、こちらの親だって、同じ考えだよ。答えは簡単だ。話し合いしかない。国と国、文化と文化がぶつかれば、接点をさぐるしかないでしょう」という言葉が、参考になるね。
当然だ。国籍や文化が違っても、同じ人間だ。戦争を望む人間なんて沢山いるわけがないのだから。
やっぱりチャランケしかないでしょ・・ってことだね。

by kitanomizube | 2013-12-31 18:57 | 平和 | Trackback | Comments(0)
 
そういえば・・

沖縄の慶良間諸島が国立公園に指定されるらしい
c0046416_1873034.jpg

(写真はwikipediaからお借りしました)
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
沖縄・慶良間諸島が国立公園に 来年3月5日 「釧路湿原」以来(12/24 20:24)
 中央環境審議会は24日、沖縄県の慶良間諸島と沖合7キロまでの範囲を新たに国立公園に指定することを了承し、石原伸晃環境相に答申した。石原氏は、沖縄で「サンゴの日」として知られる来年3月5日に正式に指定すると表明。同8日に那覇市で記念式典を行う。

 分割や拡張でない新規指定は1987年の「釧路湿原」以来。全国で31番目の国立公園が誕生する。

 那覇市の西の沖合にある慶良間諸島は大小30余りの島々からなり、多様なサンゴが生息する透明度の高い海で知られる。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

「多様なサンゴが生息する透明度の高い海で知られる。」のが指定の理由なら、
同時に辺野古の海も指定に加えてもらったらどうだろう?
ウミガメとジュゴンの生息地であることは間違いないのだし、貴重なサンゴ礁であることも間違いないはずではないか?

そんなことしなくても、宗主国と縁を切れれば埋め立ても必要なくなるのにね・・・

by kitanomizube | 2013-12-31 18:08 | 環境 | Trackback | Comments(0)
 
若いのに・・

大滝詠一氏が亡くなったらしい!
NHKNewswebの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
ミュージシャンの大滝詠一さんが死去
12月31日 13時8分

アルバム「A LONG VACATION」などのヒットで知られるミュージシャンの大滝詠一さん(65)が、30日、東京・瑞穂町の自宅で倒れ、まもなく死亡しました。
病死とみられるということです。

大滝詠一さんは、昭和40年代に細野晴臣さんらとバンド「はっぴいえんど」を結成し、日本のロックミュージックの先駆けとして大きな影響を与えました。
昭和48年の解散後も、山下達郎さんや大貫妙子さんが所属していたバンド、「シュガーベイブ」をプロデュースして話題を集めました。
また、昭和56年に発表した大滝さんのアルバム「A LONG VACATION」や「EACH TIME」などは、洗練されたメロディーが当時の若者文化や風俗を象徴する大ヒットとなりました。
大滝さんは、ほかにもCMソングを多数手がけたり、平成9年には13年ぶりのオリジナル曲、「幸せな結末」を発表するなど、活躍を続けました。
警視庁によりますと、大滝さんは30日午後5時すぎ、東京・瑞穂町の自宅で倒れ、病院に運ばれましたが、まもなく死亡したということです。
病死とみられるということです。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

大滝詠一氏といえば
こういう曲もあるけど

やっぱりナイアガラ・レーベルでSUGER BABEをプロヂュースした方という方がしっくり?
それよりも、伝説の「はっぴいえんど」のメンバーの方が通るか・・
なんと、まだ65歳だったという・・
若いよね・・・

by kitanomizube | 2013-12-31 14:53 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
 
こんなの出てたんだね

twitterで、「プルトニウム・ファイル」という書籍の話が流れていた

アメリカで、戦後、患者に断りもなくプルトニウムを注射して人体実験をしていたという話だが、
これならプルトニウム人体実験という本で読んだことがある。
c0046416_10222432.jpg

遺骨の返還にも応じなかったという話だった・・かなり前のことなので、記憶も曖昧だが・・うちにもある。

科学は時にこういうこともするという見本だね。
人体実験だからね。
ナチスや731部隊と何が違うのか?
というレベルだ。
それも自国民に対してだ。
アナトミックソルジャーの話も出てくるらしい。
これも、原爆が爆発した直後に塹壕を出て突撃したりする訓練とか、
キノコ雲の中に戦闘機で突入する訓練だったという。
これも兵士をつかた人体実験だ。
自国民に対してもこうなのだから、他国民は平気で殺すよね。
で、いまさら自国の兵士の戦死者が多いと議会で追求されるから、保護国(植民地?)の兵士を出せと要求してくる。
そこに付き合う必要があるの?
それのどこが「国益」なのか教えていただきたいね>首相!

読んだことがなければ、読む価値があると思う。
福島で問題になっている内部被曝のことだからね。

by kitanomizube | 2013-12-31 10:22 | | Trackback | Comments(0)
 
何のため・・が違う

首相が改憲へ着々だそうだ
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
首相、改憲へ着々 まず集団的自衛権 通常国会 解釈変更狙う(12/30 22:53、12/31 02:20 更新)
 昨年12月の政権発足後、憲法改正への意欲をたびたび表明してきた安倍晋三首相。改正の発議要件を緩和する96条改正論などが世論の批判を招き、いったんトーンを弱めたものの、来年の通常国会では集団的自衛権の行使容認や改憲の手続きを定めた国民投票法改正案の成立を目指し、改憲に向けた環境整備を進めたい考えだ。憲法が掲げる平和主義や、戦後築き上げてきた日本の安全保障政策は岐路に立たされている。

 「(憲法改正は)私のライフワークだ。何のために政治家になったのか。何としてもやり遂げたい」。首相は22日のNHK番組で、憲法改正の実現に向けた決意を強調した。

 夏の参院選で自民党が大勝して以降、首相の政権運営は経済再生の「安全運転」から、憲法改正を柱とした「戦後レジーム(体制)からの脱却」にかじを切り始めている。

 先の臨時国会では、国民の「知る権利」侵害への懸念をよそに、特定秘密保護法を成立させ、日本版「国家安全保障会議(NSC)」を創設。自主防衛を前面に打ち出した国家安全保障戦略も策定し、野党からは「従来の専守防衛を実質的に放棄するものだ」との批判も上がる。

 首相は憲法改正に先駆け、集団的自衛権の行使容認に向けた動きを加速させる。来年の通常国会で行使を可能にする憲法解釈の変更を行いたい考えで、武器輸出三原則の大幅な変更、日米防衛協力指針(ガイドライン)見直しによる自衛隊の攻撃力強化も焦点となる。

 いずれも平和主義を掲げる憲法の規定や精神を逸脱する恐れがあり、自民党幹部は「解釈変更で憲法を実質的に『空洞化』させ、定着させた上で、本格的な改憲論議を進める」との見通しを示す。(東京報道 森貴子)<北海道新聞12月30日朝刊掲載>
~~~~~~ここまで~~~~~~~

そもそもが違う・・と、考えさせられる。
「(憲法改正は)私のライフワークだ。」というが、そもそも何のために改憲しなければならないのか・・その説明がない。
何よりも、「政治」は「国民の信託」を受け、「国民のため」に行うべきものだろう。
それが自分の主義主張を実現するためなのだとしたら、本末転倒というか独善にすぎない。
もっと言えばただの我侭だ。
それに国民を付き合わせるのか?
たった一人の主義主張のために、戦争国家へ突き進み、ただでさえ少子化・人口減が進んでいるのに
その子どもたちを戦場へ送ってどうしたいのか?
それが何故「国民のため」になるのかの説明がない。

「戦後レジーム(体制)からの脱却」とはなにか?
「戦前体制の構築」なのか?
「平和と繁栄から戦争と侵略への切り替え」なのか?
「宗主国への隷属の強化」なのか?
それが「国民の信託」に応えることになるのは何故なのか?
なんとしても説明してもらいたいものだ。

by kitanomizube | 2013-12-31 07:39 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
シューマッハが重体?

元F1チャンピオンのミハエル・シューマッハが、スキーで岩に頭をぶつけ、意識不明の重体だという
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
M・シューマッハーさん、スキー事故で重体 F1元王者
2013年12月30日08時15分
 【ベルリン=松井健】自動車のF1シリーズで7度の年間王者に輝いたドイツのミヒャエル・シューマッハーさん(44)が29日、フランス・アルプスのリゾート地メリベルでスキー中に頭を打ち、病院に運ばれた。病院側は同日夜、「頭のけがで意識不明」と発表、容体が危ぶまれている。

 独DPA通信などによると、シューマッハーさんは同日昼、スキーをしていて頭を岩に強打。ヘリコプターで近くの町に運ばれた後、搬送先の仏グレノーブルの病院で緊急手術を受けたという。スキーをしている時はヘルメットを着用しており、事故直後は意識があったが、病院到着時に昏睡(こんすい)状態だったという。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

ヘルメットをかぶってスキー・・
そして頭を岩に打つ・・ということは、単にゲレンデで滑っていたのではないのかもしれないね・・
バックカントリーで滑っていたんだとしたら、様々なアクシデントが考えられる・・
それししても、スキーで重体とは驚くね・・
機器を脱することを祈る。

by kitanomizube | 2013-12-30 13:17 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
 
当然こうなるよね・・

日本孤立だそうだ・・当然、首相の参拝が原因だ
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
靖国参拝で日本の孤立深まる EUやユダヤ系団体も非難(12/27 22:33、12/27 23:14 更新)
 安倍晋三首相の靖国神社参拝には27日も、世界各地でさらに批判の声が広がった。中国、韓国の猛反発が収まらないだけでなく、欧州連合(EU)やユダヤ系団体なども非難。静観姿勢の東南アジア諸国も日中のトラブルを嫌っているのが実情で、参拝は国際社会の理解を得られず、安倍政権は孤立を深めている。

 中国や韓国のほか、「失望」を表明した同盟国の米国に加え、EUのアシュトン外交安全保障上級代表の報道官も批判。東南アジア諸国連合(ASEAN)の有識者からも参拝すべきではないとの声も出ている。(共同)
~~~~~~ここまで~~~~~~~

記事では「政権」となっているが、そうなのか?
日本人と見たら批判される状況じゃないのか?
たった一人の意固地のために、国民全体が迷惑をする。
イラク派兵の劇場政治と同じだ。
プラス歴史修正主義と見られているから尚更だろう。
副首相はナチスに学ぶ人だしね・・
世界から理解されるわけがない。
悲しい国だね・・・

それにしても、何故「靖国」なのだろう?
「祖国を守った英霊」と言っているが、全てが祀られているわけではない。
戦闘で亡くなった人限定だからだ。
戦地で病に倒れた人は除外だそうだし、国内で空襲で亡くなった人も入っていない。
「銃後の守り」とか言って徴用して、亡くなったら差別だ。
被差別部落も差別されているという話もある。
それなのにA級戦犯を祀るから・・彼らも戦闘で亡くなったわけではないよね・・処刑だからね・・。
差別の構造があるものを参拝するから国外のみならず国内からも批判は大きい。
何故、差別がない「戦没者慰霊碑」ではダメなのかな?
米国は、こうなることを予見して、代表には戦没者慰霊碑に献花させている。
そうしろというメッセージだったのではないのか?

靖国は、神社なのか?
戦争美化装置だよね・・
遊就館という戦争博物館まで設置されている。
日本の過去の兵器が、かなり網羅されて展示されている。
「ゼロ」も「回天」も、子どもに潜水服を着せ、爆薬で敵艦の潜伏を突かせるという作戦の模型もある。
人間を大事にしなかった博物館だよね・・・
逆に、そういう意味では歴史を学ぶために訪れる価値はある。
国家が、国民に「爆弾を抱いて突撃しろ」と命じた物的証拠の山だからね。

二度と過ちを繰り返さないために、こういう部分を学びに行くのならわかるが、
国民が望まない戦争を始め、爆弾を抱いて突撃させ、亡くなったら「英霊」だ「軍神」だと都合よく扱った証拠だ。
その部分を賛美しているとしか見えないだろう。

「一億玉砕」・・国民がすべて死ぬまで・・というスローガンで守ろうとしたものは何だったのか?
だいたい、「守る」戦争でもなかった。
最初は韓国を併合し、次いで中国を侵略し、戦火を東南アジア全域に広げた。
これは防衛のための戦争ではないよね。
資源がない国が資源を得るための侵略だよね・・・。
戦争を仕掛けたほうが忘れたふりをしても、仕掛けられた方は忘れないよね。
世代交代しても恨みは忘れないだろう。当然、そういう教育もする。
仕掛けたほうが教科書にも国家が介入して修正しようと画策していることも、世界には伝わっているだろう。
そんな中での参拝だ。
理解しろという方が無理ではないのか?

by kitanomizube | 2013-12-28 07:51 | 平和 | Trackback | Comments(0)
 
何故、辺野古?

沖縄県知事が、普天間基地の辺野古移転を承認したという
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
沖縄県知事、辺野古埋め立て承認を表明 普天間問題、新局面へ(12/27 15:57、12/27 20:42 更新)
 沖縄県の仲井真弘多知事は27日、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に向け政府が申請した名護市辺野古沿岸部埋め立てを承認したと正式表明した。菅義偉官房長官は会見で「速やかに準備に入り工事に着手する」と説明した。日米両政府による1996年の普天間返還合意から約17年。手詰まり状態にあった移設問題は新たな局面を迎えた。移設の是非が争点になる来年1月の名護市長選の行方が次の焦点だ。
 知事は「現段階で取り得ると考えられる環境保全措置が講じられ、基準に適合していると判断した」と説明。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

そもそも、普天間基地は海兵隊の基地ではないのか?
その海兵隊は、先日の米上院議院で、90億円の予算をつけて、グアム移転が決まった。

毎日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
米上院:海兵隊グアム移転費を可決
毎日新聞 2013年12月20日 18時27分

 米上院本会議は19日、在沖縄海兵隊のグアム移転関連費8600万ドル(約90億円)を盛り込んだ2014会計年度の国防権限法案を可決した。沖縄の米軍基地負担軽減につながる動きで、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に向けた追い風となる可能性もある。

 弾道ミサイルを正確に追尾できる高性能の米軍「Xバンドレーダー」を航空自衛隊経ケ岬分屯基地(京都府京丹後市)内に設置する費用1500万ドルも計上した。下院は法案を可決しており、オバマ大統領の署名を経て近く成立する。(ワシントン共同)
~~~~~~ここまで~~~~~~~

いくらかは残るとしても、間違いなく沖縄の海兵隊は縮小される。
普天間を変換するのは当然だが、何故、残留の少数の海兵隊のために新しい基地を建設する必要があるのか?
海兵隊員が減るということは、オスプレイも沢山はいらないはずだ。
なのに何故、貴重な自然を破壊してまで辺野古を埋め立てる必要があるのか?
ここを政府も米国も沖縄県知事も説明していないのではないか?
だいたい、何故、海兵隊を全て移転せず、沖縄に残すのか?
まとめてグアムに行ってもらえばいいだけのことではないのか?
海兵隊は、他国を侵略するときに、最初に行く軍隊だ。
防衛のための群愛ではない。
それが何故、安保と係るのか理解できない。
つまりは「思いやり予算」がほしいためだけで、日本に駐留しているのではないの?
何故、いつまでもゆすられ続けているの?

首相が靖国を参拝して、米国から非難されているから、調度良い。
今なら米国に愛想を尽かされて、安保条約を破棄してもらえばいい・・なんてね。
地位協定の見直しが先か・・(^_^;)

by kitanomizube | 2013-12-27 21:26 | 平和 | Trackback | Comments(0)
 
全く懲りないね・・

超党派の訪中団が、予定していた会談を全てキャンセルされたらしい
理由は、首相の靖国参拝らしいという
exciteNewsの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~

小渕議員らとの会談中止=中国副首相、靖国問題で
時事通信社 2013年12月26日 17時40分 (2013年12月26日 17時59分 更新)

 【北京時事】北京で26日午後に予定されていた小渕優子元少子化担当相ら日中友好議員連盟の訪中団と、中国の劉延東副首相との会談が中止となった。訪中団関係者によると、中国での日程はすべてキャンセルされたため、予定を早め、27日に帰国するという。

 会談中止は中国側から要請があった。中国は、安倍晋三首相が26日午前に靖国神社を参拝したことに強く反発しており、このことが影響したとみられる。

 訪中団は自民党のほか、民主、共産両党を含む超党派の10人で構成。25日から28日までの日程で中国に滞在し、中国側要人らと会談する予定だった。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

あの劇場政治の時もそうだったが、日中関係や日韓関係が上手くいったり、改善しそうになるとこの神社に見せかけた施設を参拝して冷水を浴びせ、ぶち壊す・・というのが、この自主憲法制定を掲げる政党の得意技だったな・・・。
こうやって緊張を煽って、得意の「国益」は守られるのか?
国費を使って訪問した訪中団だったのではないのか?
いったいいくら無駄になったのかな・・・
懲りないね・・というか、確信犯だよね。

by kitanomizube | 2013-12-26 18:50 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
嬉しいプレゼント(^^)

嬉しいクリスマスプレゼントもらった(^^)v
手作りのクッキー!
c0046416_18383452.jpg


これが、サクサクでメチャウマ(^^)
何かお返ししなきゃね・・・

by kitanomizube | 2013-12-26 18:39 | グルメ | Trackback | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク