北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
<   2013年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧
 
やっぱ良い!

Amazonさんに頼んでいたCDが届いた(^^)
MayJの「secret dialy]だ(^^)v
c0046416_7123534.jpg


「only one」など、好きな曲がたくさん入っている(^^)


only one の歌詞は下の通り
なんか良いでしょ?

~~~~~~ここから~~~~~~~
Only one

私らしくあることすべて
ありのままの自分でいるよ
誰よりも一番輝く only one

自分らしさって何か
わからなくなる日もあるよね
マニュアル通りの
そんな毎日じゃ退屈

Just be true to yourself
好きな服と香りをつけて
楽しませて be myself
誰かのためじゃなく
自分だけのために

私らしくあることすべて
ありのままの自分でいること
閉じたままだった光の扉を開けて
羽ばたくから
世界中にたった一人の
それぞれ違ってみんなbeautiful
誰よりも一番輝くonly one

他の人にあわせて
何となく過ごしているの
そんな風に時間を
無駄にするなんて もったいない

Wanna spend time with you
好きな人と会いたい時間に
語り合えばfeel so fine
イヤなこと全部
忘れて明日へ向かうよ

私らしくあることすべて
ありのままの自分でいること
思いっきりわらったそのままの素顔がnatural
飾らなくていい
世界中にたった一人の
それぞれ違ってみんなbeautiful
誰よりも一番輝く

Baby
本当の気持ちを隠さないで
誰かに何を言われても
間違ったっていいの
心の声叫ぶよforever

私らしくあること全て
ありのままの自分でいること
閉じたままだった光の扉を開けて
羽ばたくから
世界中にたった一人の
それぞれ違ってみんなbeautiful
誰よりも一番輝く only one
~~~~~~ここまで~~~~~~~

自分らしさって何か
わからなくなる日もある・・

間違ったって良い・・

私らしくあることすべて
ありのままの自分でいるよ・・・

特に、若い人たちに贈りたい言葉だね・・

早く、自分らしさって何か、見つけてほしいな

by kitanomizube | 2013-09-26 07:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
 
これほどまでとは・・

「特定秘密保護法案」、指定解除後も公文書管理の適用外?
情報公開されず廃棄か?
毎日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ
毎日新聞 2013年09月23日 07時30分

 安全保障に関する情報漏えい防止を目的にする「特定秘密保護法案」で、保存期間が過ぎた秘密文書がそのまま廃棄される恐れがあることが分かった。同法案を所管する内閣官房は、保存期間満了後の文書の取扱規定を盛り込まない方針で、「秘密にしたまま」担当省庁の判断で廃棄される可能性がある。識者からは「国の秘密になるほど重要な情報は歴史に残し、後世の検証の対象にするのは当然」と批判が上がっている。
 ◇保存期間後、取扱規定盛らず
 法案は、政府が10月召集の臨時国会に提出する方針。漏えいすれば「国の安全保障に著しく支障を与える恐れのある」防衛、外交、テロ活動防止など4分野の情報を閣僚らが「特定秘密」に指定し、漏らした公務員らに最長懲役10年の罰則を科す内容だ。
 通常の公文書は「公文書管理法」で保管のルールが定められている。文書の廃棄は「首相の同意が必要」と規定され、省庁は勝手に廃棄できない。内閣官房内閣情報調査室の能化(のうけ)正樹次長は、特定秘密の文書保存・廃棄について「情報が秘密指定中は公文書管理(のルール)に移行することはない」と説明。特定秘密情報が公文書管理法の適用を受けず、省庁の判断で廃棄できる可能性を示唆した。
 公文書管理のあり方に詳しいNPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長は「特定秘密の保存ルールを決めないと、どのような情報を秘密にしたのかなど行政判断の検証が将来的にできなくなる恐れがある」と指摘している。【臺宏士、青島顕】
 ◇解説…検証できず構造的欠陥
 2011年4月に施行された公文書管理法は、主権者である国民が公文書を主体的に利用できるようにし、行政に対しては「将来の国民に説明する責務が全うされるようにする」のが目的だ。
 1972年の沖縄返還を巡り日米政府が交わした密約文書は、米国は公文書館に保管していたが、日本政府は文書の存在も認めていない。文書開示を求めた訴訟で東京高裁は11年、政府による文書廃棄の可能性を指摘した。返還当時、公文書管理法があれば省庁任せのずさんな管理を避けられたかもしれない。
 特定秘密の一部を構成する「防衛秘密」は他分野に先立ち、01年の自衛隊法改正で秘密に指定された。防衛省の訓令では、秘密指定文書は保存期間が満了すると官房長や局長らの承認を経て廃棄される。「秘密」の必要がなくなっても国民は目にすることはできない。
 特定秘密制度は、公文書管理法が定めたような国民による歴史の岐路の法的な検証ができないという、構造的「欠陥」を抱えている。【臺宏士】
~~~~~~ここまで~~~~~~~

どうもこの国は、情報を国民に知られることを嫌がる国だな・・
戦後の政治が、どのような国際情勢のもとで行われてきたのかは、米国の公文書館で公開された情報によるところが大きい。
同じように、この国でも公文書が保存され公開される制度を作らなければ、国民の人権は守られず、守らなかった証拠が残らないということになる。
数に任せて好き勝手をやり、証拠は隠蔽するという制度になる。
まったく治安維持法だね・・
こんなことやらせておいていいのか?
主権者は立ち上がらないのか?

by kitanomizube | 2013-09-24 05:46 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
知らなかった(^_^;)

千歳でゴルフ場にクマ。駆除されたらしい。
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
ゴルフ場付近でクマ射殺 プレー客一時避難 北海道・千歳(09/23 08:25、09/23 09:57 更新)
 【千歳】22日午前8時15分ごろ、千歳市蘭越のゴルフ場「ザ・ノースカントリーゴルフクラブ」のコース外にある作業用管理道路周辺にクマ1頭がいるのをゴルフ場の男性スタッフが目撃し、110番通報した。

 千歳市によると、千歳署から連絡を受けた市と地元猟友会でつくる千歳市熊防除隊が、同9時40分に管理道路近くでクマを発見、森に逃げ帰る様子を見せないことから射殺した。クマは体長約1・5メートルの雄で推定4歳。クマの出没により、プレー客約110人が一時、クラブハウスに避難した。<北海道新聞9月23日朝刊掲載>
~~~~~~ここまで~~~~~~~

こんなことあったんだね・・・
このゴルフ場、かなり至近距離(^_^;)
今年はまたドングリが不作との予報
大丈夫かな・・・
c0046416_5304952.jpg

うちの裏の川の中のドングリは実がついていたけどな・・・
お腹が空けば、市街地に出没するのかな・・

by kitanomizube | 2013-09-24 05:31 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
出発点はあの日・・

レールの異常97箇所放置って・・・
朝日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
レールの異常、97カ所を放置 JR北海道発表
 【五十嵐透】北海道のJR函館線の貨物列車脱線事故現場のレール幅が、基準値以上に広がったまま約1年放置されていた問題で、JR北海道の野島誠社長は22日記者会見し、レールの広がりなどの異常計97カ所を放置していたと発表した。すべて補修は終わっているという。
JR北海道トラブル続き
 同社によると、北海道内では本線の14駅間49カ所と、列車のすれ違いなどに使う副線の48カ所でレールの異常を放置していた。点検担当者は異常を把握していたが、補修されていなかった。本線では約1~5カ月間放置され、副線では1年近く放置されていた場所が計4カ所あった。
 このうち本線については、同社は21日の記者会見で「問題ない」と説明していた。ところが、その後の国土交通省からの指示で点検記録を確認したところ、異常が放置されていることが判明。副線は、20日以降、レールの広がり以外の異常を点検している中で分かったという。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

残念ながらJR北海道は、経営陣を一掃して再起するしかないのではないのか?
春から連続して、これだけ不祥事が続けば、しかもレールの異常を1年間も放置・・あり得ない。

そもそも、なぜこういうことになるのだろう?
福知山線の事故でも指摘されていたことだが、営利優先だからではないのか?
ということは、すべての始まりは1987年4月1日の国鉄分割民営化・・じゃないのか?
営利企業が営利優先になるのは当然のことだが、こと安全に関してまでそうなってもらっては利用者の命にかかわる。

近年、官庁も含め、経費削減のために「民間委託」する業務が増えすぎているように感じる。
しかも「民間委託」の業者選定には「入札」方式がとられるが、落札するためには経費を削る必要がある。
ここが問題じゃないのか?
旧国鉄時代は保線区があり、多くの人員が保線作業に従事してきた。
しかし、分割民営化以降、保線の作業は外部委託になっていないか?
委託を請け負う業者が問題だというのではない。
安全に関する部分まで、他に責任を押し付けていいのか?
という問題ではないのか?
97箇所も以上を発見していて、なぜ保線作業をしなかったのか?
単純に営利問題ではないか?

分割民営化は、誰にとって必要だったのだろう?
国鉄以降、電電公社、専売公社、そして郵政が民営化されたが
この一連の民営化で、誰が特をしているのだろう?
利用者の事を考えての民営化だったのだろうか?

国鉄は、かつて国土の隅々まで鉄路を有した
それが過疎に悩む地域の生活の動脈だった
分割民営化以降、赤字ローカル線は廃止だ
大体のバスまで廃止の危機に瀕しているところもある

郵政も同様だ
銀行が出店しない地方では郵便局が金融の窓口だった
それが民営化以降相次いで姿をけしている
都市と地方の不均衡を是正する手立ては必要ないのだろうか?

話がそれたが
JR北海道は、安全軽視とも受け取れる体制を、一刻も早く是正してほしい。
これでは利用したくとも利用する気になれない

by kitanomizube | 2013-09-23 06:16 | 政治 | Trackback | Comments(2)
 
始まった!

始まった!ふざけてる!
やはり、企業にだけいい顔をする新自由主義内閣だ
東京新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
復興増税、13年度末廃止 法人税率下げ検討明記へ
2013年9月20日 01時37分
 政府、与党が来年4月の消費税増税に備えて策定している経済対策の主要項目が19日固まった。東日本大震災の復興に使うため加算している「復興特別法人税」は、1年前倒しで2013年度末に廃止する方針。焦点である法人税率の引き下げは、中長期的に検討する方針を対策に明記する見通しとなった。
 安倍晋三首相は訪米を来週に控え、20日にも対策の大枠を固めたい考え。月末にかけて与党協議を経て対策を決定し、10月1日に首相が増税方針と同時に表明する。増税後の需要の落ち込みを防ぐ公共事業などを含め、対策は5兆円を上回る規模とする方針だ。
(共同)
~~~~~~ここまで~~~~~~~

そもそも最初から、企業に対しての復興増税なんてなかった。
増税する前に減税してから増税したのだから。
それを前倒しで廃止というのは、単純に減税を早めるということにほかならない。
法人減税は、更にその復興増税前に減税した税率を下げるということだ。
どこまでも企業の税金は下げるということだ。
財政悪化の折に、下げられる税金があるのは何故?

復興税は所得税などに課せられ、すでに家系を圧迫している。
こっちは減税なしで増税がスタートした。
そしてこっちは消費増税で上げる方向だ。
電気料金も、大量に使っている企業の電気を庶民が肩代わりして払っている構図。
本気で19世紀に戻るつもりだ。
何が日本を取り戻すだ
つまり前近代的な日本に逆戻りするというのが取り戻す中身だ。
あの帝国主義の列強に仲間入りをしようと、脱亜入欧を目指した時代だ。
亡霊だね・・・

by kitanomizube | 2013-09-20 03:18 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
それって・・・

東大も相対評価導入?
Jcastnewsの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
東大が「優」成績者を3割に限定 成績評価見直しで「質」を確保
2013/9/18 19:22
「答案を埋めれば単位はもらえる」「必ず『優』が取れる楽勝科目」。ひと昔前まで大学の試験にはこんないいかげんさがつきまとっていたようだが、最近の大学は成績評価基準が厳しくなった。毎回出席してきちんと授業を聞き、テストやレポートで一定の結果を出さないと、単位を得られない大学もある。
こうした中、東京大学でも2014年度夏学期から成績評価を見直し、「優」の割合を履修学生の3割に限定する制度を全学部に導入する。
「後期でも優3割すごく困るんですけど…」
成績評価基準を見直す東大
成績評価基準を見直す東大
東大は、3・4年生にあたる後期課程で一部学部に適用していた「優3割規定」を全学部に拡大する。学生がつくる「東京大学新聞」(2013年9月17日発行)が報じた。7月9日に行われた教育運営委員会の「学部後期課程教育における成績評価の改善に関する申合せ」で決定したという。
「優」の割合を制限する「優3割規定」は、入学後2年間在籍する前期課程では、すでに導入されており、「原則として優を受験者数の3割程度とする」という申し合わせがある。だが3・4年にあたる学部後期課程では、一部の学部を除いて成績評価の割合に制限がないため、「優」の学生が何人も出る「楽勝科目」も存在していた。
この件が報道されると、ツイッターで東大生は、「後期でも優3割すごく困るんですけど…」「何が後期課程でも優3割だよ死んでくれ本当に死んでくれ」などとつぶやき、困惑しているようだ。実際、東大文学部出身の20代女性は成績評価基準について、「文学部は『優3割規定』がないから学部後期課程は楽だった」と話す。成績評価基準を変えることで、限られた「優」をめぐる競争心を掻き立てる狙いもありそうだ。
こうした成績評価基準の見直しの流れは、東京大学などの国立大学に限らず、私立大学も含め、ここ5~10年続いている。早稲田大学の政治経済学部では、2005年から成績評価割合をウェブサイトで公開している。慶應義塾大学の総合政策学部・環境情報学部(SFC)も同様で、A、B、C、Dの4段階評価で、特に優秀なものをA(成績上位者20%)とし、
「社会の信頼に値する成績評価の実現をめざして、各教員の個別的な評価だけにたよることなく、すべての科目に下記の評価基準をガイドラインとして設定し、これに則って成績評価が行われています」
という文章を掲載している。
教育改革で大学への「質保証」要請
ベネッセ教育総合研究所・高等教育研究室コンサルタントの村山和生さんによると、大学の成績評価基準の見直しは、「近年の教育改革のなかで、学生が大学できちんと学んでいるかどうかを示す『質保証』が求められている」からだという。
大学全入時代を控え、これまで文部科学相の諮問機関である中央教育審議会は、「教育内容・方法、学修の評価を通じた『質』の管理が緩い」などと指摘してきた。村山さんは「大学の内部だけでなく文部科学省、経済産業省などの省庁からも『質保証』のニーズがあり、社会的な要請となっている」と話す。
「質保証」の先進的な取り組みとしている組織として一橋大学がある。2010年度から、欧米で一般的な成績評価値であるGPA(Grade Point Average)を導入し、卒業条件にする制度をスタート。GPAは取得した単位の質を表す指標で、一定の数値を下回ると同大学を卒業することができない。入学時だけでなく、卒業時にも高いハードルを課している。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

いよいよ日本は、何か違った方向へ進みそうな感じだな・・・
大学で優3割規定・・・って相対評価でしょ?
母集団の程度がが低くても高くても3割なんでしょ?
何か矛盾を感じないのかな・・・

欧米のように卒業に厳しいハードル・・はわかる。
それは3割規定ではない。
フィンランドのように、大学まで無償化なら、学生は自分の能力がその大学に合っていないと判断したら別な大学に入りなおせばいい。
日本のように極端に学費が高い状態で、それをやられても学生はどうしようもない。
一定の水準を確保しなければならないのはわかる。
が、単純に3割規定で数を絞れば「らく」だろうけど・・成績つける方は・・
それこそ、成績つける方の質が低下するんじゃないの?

少なくとも大学で教鞭をとる方々は、その道の専門家ばかりのはず。
だとしたら、一定の水準以上じゃないと優は付けない・・で良いんじゃないの?
今年の学生はやる気が無いから優は付けない・・
今年は頑張る学生ばかりだから、やっている研究も進んでいるし発想もいいから優が増えた・・
じゃ、だめなの?

経済産業省や文科省がそれを要求するって、何の質を上げたいの?
つまりは、官庁で即戦力は、一般常識の質なの?
それとも新しい何かを作り出す発想なの?
大学って・・・公務員養成学校なの?
点数とれば良い・・が幼稚園から大学まで、それも東大まで・・
だから官僚の質が下がったんじゃないの?
教えなければならないのは、他人のためになるにはどういう研究をしたらいいのか?
好きなことを追求するということはどういうことか
何の役にも立たない・・と、考えられていたことが、いつか役に立ち、ノーベル賞にも結びつく。
そういう発想を育てることじゃないのかな・・・

by kitanomizube | 2013-09-20 03:05 | 教育 | Trackback | Comments(0)
 
こうやってどんどん深みに・・

国際的に「失笑」されている・・・
毎日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
福島汚染水:各国から厳しい指摘 IAEA説明会
毎日新聞 2013年09月17日 11時06分(最終更新 09月17日 12時01分)

 国際原子力機関(IAEA)総会の関連行事として16日夕、ウィーンで開催された日本政府主催の福島第1原発汚染水漏れ問題に関する説明会で、各国の専門家から抜本対策の遅れや規制当局のあり方などを問う厳しい指摘が相次いだ。第一義的な責任は東京電力にあると繰り返す日本側の説明からは「政府が責任をもって取り組む」(山本一太科学技術担当相)との意気込みが伝わらず、責任の所在のあいまいさを印象付けた。【ウィーン樋口直樹】

 説明会には、原子力政策を推進する経済産業省と、同省から独立した原子力規制委員会、廃炉に関する研究開発を行う国際廃炉研究開発機構などの担当者が出席。汚染水漏れの現状と、凍土壁の設置や浄化装置の増設などによる政府主導の解決策について、会場を埋めた100人以上の専門家らに説明した。

 だが、会場からの質問は今後の対策よりもむしろ、汚染水漏れの深刻化を招いた責任を問うものだった。スロベニアの規制当局者は「汚染水問題は原発事故直後から予想できた。なぜ2年以上もたった今まで持続的な解決策を見いだせなかったのか」と、厳しい口調で切り出した。

 これに対し、廃炉機構の担当者は、汚染水の漏えい部分の発見と修理に手間取っている▽原子炉建屋に流れ込む前に地下水をくみ上げて海に放出する計画が漁業関係者らの反対で困難になっている−−と説明。

 経産省の担当者が「法的な責任は東京電力にあり、我々はサポーターの立場。東電には資金もアイデアもなく、2年間も良くない状況が続いてしまった」と釈明すると、会場から「責任転嫁ではないか」との失笑が漏れた。

 一方、原子力規制委員会のあり方にも疑問の声が上がった。2007年に調査団を率いて訪日した仏原発安全当局者は「規制委員会の技術顧問が、問題解決を図るため東京電力にアドバイスするのは、原子力安全の責任分担をあいまいにするものだ」として強い懸念を表明。規制委員会側は「規制当局は電力事業者と一線を画すべきだが、福島第1原発事故に限り、問題の拡大を防ぐために行っている」と説明した。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

呆れて物が言えないが・・・
国の代表者が「法的な責任は東京電力にあり、我々はサポーターの立場。東電には資金もアイデアもなく、2年間も良くない状況が続いてしまった」と、発言。
アイディアも資金もない者に原発を作らせ、事故を起こさせ、その尻拭いもしない。
そんな無責任な企業経営者を未だにのさばらせている。
この責任はどこにあるというのだろう?
国ではないのか?
さっさと東電を解体して経営者には責任をとってもらい、国営化して事故処理の迅速化をすすめるべきだろう。

はっきり言えば、国も打つ手が無いのだろう?
責任はとりたくないし・・・

はっきり言えることは、この会見で国がやる気が無いことも国際的にばれてしまったので、首相の演説は完全に否定されたということだろう。
さあ、この後、どうするのかね・・・
オリンピックにアスリートたちは集うのかな・・・

by kitanomizube | 2013-09-19 03:06 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
こういうことだ

何が何でも集団的自衛権というメンバーで「有識者会議」
東京新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
首相有識者懇が再開 憲法解釈見直しありき

2013年9月18日 朝刊
 憲法解釈で禁じられてきた集団的自衛権の行使容認などを議論するため安倍晋三首相が設置した有識者懇談会が十七日、参院選をはさんで約七カ月ぶりに再開し、憲法解釈を見直す必要性を確認した。年内に報告書を作る方針だが、メンバー全員が行使容認論者。世論や与党・公明党の理解が得られていないにもかかわらず、結論ありきで解釈改憲を目指す首相の主張を代弁する内容となりそうだ。 (金杉貴雄)
 「積極的平和主義こそ、日本の背負うべき看板ではないか。新しい時代にふさわしい憲法解釈のあり方を検討する基礎となることを期待したい」
 首相は十七日の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二元駐米大使)の会合で、こう強調した。
 この懇談会は、第一次安倍政権で首相が設置。第二次内閣でも今年二月、全く同じ十三人のメンバーで再スタートした。現在は十四人。いずれも講演や論文などで、集団的自衛権の行使を容認する考えを明らかにしている有識者ばかりだ。
 柳井座長は八月のテレビ番組で「憲法解釈変更をして、日米の同盟関係をしっかり運用できるようにすることが絶対必要」と強調。北岡伸一座長代理も「日本の安全保障環境が悪化しているのは事実だ。集団的自衛権を部分的に認めることはあり得ない」と全面解禁を主張した。
 懇談会は二〇〇八年に提出した報告書で、公海上の米艦船の防護や弾道ミサイル防衛など四類型で集団的自衛権行使や集団安全保障への参加を認めるように提言した。今回は対象国を米国以外にも拡大する方針だ。
 首相は、懇談会からあらためて、解釈改憲への「お墨付き」を得ようとしている。だが、偏った人選の懇談会がまとめた報告書では、とても世論の支持は得られない。
 八月の共同通信の世論調査では、集団的自衛権の解釈改憲に「反対」が50・0%に達し、「賛成」は39・4%にとどまった。公明党の山口那津男代表も反対姿勢を崩さない。
 首相周辺でも「政権運営は経済中心で、集団的自衛権の議論は急ぐべきではない」と年内の結論を先送りするよう求める意見がある。ただ、首相の思い入れは強く、先送りしても解釈改憲を進めたい姿勢は変わらない。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

戦後68年間。
憲法施行後66年間、当の自民政権がほとんどだったが、集団的自衛権を認めてこなかったのはなぜか?
どう考えても、どういじくっても、集団的自衛権が現行憲法内で可能だとはいえないからだ。
あのイラク派兵で国際的信用を落とした劇場政治の時でさえ、あの首相でさえ、「集団的自衛権を行使するには憲法改正しかない」と国会で答弁している。「今はそういう情勢じゃない(改憲)」とも・・・
それが何故、今、解釈で変更できるという解釈になるのだろう?
日本語読めるのだろうか?

今回の有識者会議とやらは、偏った議論にしかならないというか、最初から議論などしなくてもいいお友達が集まってルール作りをする・・ということだろう。

by kitanomizube | 2013-09-19 02:56 | 平和 | Trackback | Comments(0)
 
この意味はなんだろう?

道内の小中学校、土曜授業実施ゼロと報道
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
北海道内の小中学校、土曜授業ゼロ 昨年度、全国は1割近くの学校実施(09/18 06:00、09/18 08:01 更新)
 文部科学省は17日、2012年度に全国の公立学校で土曜授業を実施したのは小学校8・8%(1801校)、中学校9・9%(966校)、高校3・8%(142校)だった、と発表した。道内は小中はゼロで、高校は2校が実施していた。

 文科省によると、土曜授業は「特別の必要がある場合」に児童生徒の代休を設けずに、土日祝日に教育課程内の授業を行うもので、週末の授業参観や運動会の際に代休を設けた場合は該当しない。類似の調査はあるが、今回の設問での調査は初めて。

 都道府県別では、小中高いずれも東京都が全国最多となった。小学校は8割、中学は9割、高校は2割強が実施していた。北海道は高校で2校が行っており、1校は年に4~10回、1校は年に1~3回実施していた。<北海道新聞9月18日朝刊掲載>
~~~~~~ここまで~~~~~~~

この調査の目的は何なのだろう?

ヤンキーとかが、学力低下バッシングのために、小中学校で土曜日に授業をしなくなったからだと言いたいのだろうか?
そもそも何故、土曜日に授業をしなくなったか?
これは、単純に労基法上の問題だろう。
1周間に40時間以上働かせてはいけないのだから。
毎日フルで8時間以上働いていたら、土日は働かせられないからだ。
それなのに何故、このような議論になるのかがわからない。
そもそも学校と病院は、労基法が変わって週40時間になっても施行が除外され、最も遅くに対応した職場だ。
それをあたかも学校が努力を惜しんでいるから・・とでも言いたげだ。
例えば4時間勤務の日を月から金の間にシフトで設け、その分で土曜授業するのならいいが、現行の法体系で平日の勤務体系を変えないで実行せよというなら、労基法違反だ。
それでなくても学校現場には超過勤務手当はない。
部活動も本務に入れられているのに、それで土日もなく働かされているのに、ない。
それをこの先、更に法体系を変えずに土曜日も授業をせよというのならおかしくないか?
土日祝日に「教育課程内」の授業を行うという。
そもそも「祝日」に勤務を命じていいのか?
法律との整合性が疑わしい。

最大限好意的に解釈するなら、「教育課程内の授業」だから、字数が足りればいいのだから、ウィークデイの授業を減らして、土曜日に授業を行っていもいいことになる。ならば、シフトも組めるだろう。
ウィークデイにゆとりが出れば、子どもたちにも良いかもしれない。
しかし、そういう文脈か?
ウィークデイはそのままで、土曜授業を行なえというなら労基法違反になる。
ならば、人員配置を増やせということになるだろう。
土曜日はアルバイトさんで・・・という意味ではない。
普段の勤務にゆとりをもたせ、土曜日に出勤もならありえる。
ここをどう考えているのかがわからない。
どうも、こうやって目的の分からない調査をし、報道する。
その先にあるものはなにか?

中学校はどうせ土日部活で勤務しているから、夏休み冬休みもなく勤務しているから、関係ないだろうけどね・・・。
時間的には・・・
しかし、法律違反を堂々と押し付けてくる昨今のやり方には抵抗したくなるね。

by kitanomizube | 2013-09-19 02:39 | 教育 | Trackback | Comments(0)
 
アホはどっちだ?

自民参院幹事長が「選ぶ人があほでも」と発言
朝日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
「選ぶ人がアホでも」 自民参院幹事長、有権者軽視?
 自民党の脇雅史参院幹事長は18日夜、都内であった同党女性議員の集いでのあいさつで、選挙制度改革を行う際に女性議員を増やす観点が必要だとしたうえで「今の制度は政党の段階で候補者の選び方が未熟だ。政党が本当に正しい意味で国会議員を選べるか。これさえしっかりしていれば、あまり大きな声では言えないが、選ぶ人がアホでも、選ばれる人は立派だ」と発言した。政党の候補者選びの重要性を指摘したものだが、有権者を軽視した発言とも受け止められそうだ。
 脇氏は続けて「国民のレベル以上の国会議員は出てこないというが、もっと国会議員の選び方を厳正にする仕掛けが必要だ」とも語った。会場には十数人の女性国会議員が集まり、安倍晋三総裁(首相)ら党幹部も出席した。
 脇氏は発言後、記者団に対し、「発言を撤回するつもりはない」と語った。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

誰に議院にしてもらっているのだろうね?
今回の選挙も、前回の選挙も、選びたい人がいなかった
自民に入れたいわけではないが、民主がダメだということがわかってしまった
でも、他にいない
その他の政党は、あまりに力がない
どうしよう・・
という代わりがいない悲劇だったはずだ
それを当選したら、自分を選んだ人々に向かって
選ぶ人がアホでも、政党が選んだ候補者が立派だ
つまり自分は立派だと言いたいのか?
自分は立派だが、選んだ有権者はあほだということだな・・・

まあ、こうやって自民党の議院があほな発言を繰り返し、調子こいているところを見ると
予想できたことだが・・・
確かに勝たせすぎた有権者はアホだったかもしれない
が、有権者に占める得票率は20%を切っているという事実を忘れてないかい?
こんなことを言われて、二度と君たちに投票すると思うかい?

日本の国民も、諸外国並みに自分の意志を行動に表すようになってきているのをわからないのかな?
どんどん経済的に困窮してきている
この鬱憤は、どこに向かうのだろう?
まあ、警告だな
歴史は証明しているのだから

by kitanomizube | 2013-09-19 02:07 | 政治 | Trackback | Comments(1)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク