北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
 
これも前政権与党のつけ・・

日航で、露骨な退職強要が行われているという
朝日新聞の記事から

〜〜〜ここから〜〜〜
日航CAにもリストラ包囲網 「残っても仕事はないよ」
2010年10月28日3時4分
 会社更生手続き中の日本航空が、パイロットだけでなく一部の客室乗務員にも、乗務から外して自宅待機させる勤務表を渡し、自主退職を迫っている。締め切りを11月9日まで延ばし、対象年齢を42歳まで下げたが、50歳以上や病欠者への退職要求は一段と強まっている。
 9月27日。40代前半の国際線の客室乗務員の女性のもとに上司から電話が入った。フライトで埋まっていた10月のスケジュールは、すべて「待機」に変更するという。理由は、「希望退職について、面談を行うため」だった。
 通常の「待機」は、欠員が出ると呼び出されて乗務する。だが今回の待機は乗務の可能性がないという。「午前10時から午後4時まで自宅にいなさい」という指示だった。
 日航は9月から1万6千人の人員削減に向け、全職種で自主退職を募っているが、おおむね45歳以上が対象。この女性の場合、病気で今年2カ月休んだために対象になった。面談は千葉県の寮で行われた。見知った上司2人に、「よく考えて」と諭された。
 6月までは大阪(伊丹)が拠点だったが、合理化で大阪と福岡の拠点が閉鎖され、東京に異動した。多くの仲間は閉鎖を機に退社したが「せっかく好きで選んだ職業。最後まで勤め上げたい」と転勤を受け入れたばかりだ。
 客室乗務員で面談の対象になったのは約680人。会社から「残っても仕事はない。何をするつもり?」「整理解雇になったら、高齢のあなたは一番に対象になる」「お客様が、年齢が高い人にサービスを受けたいと思いますか?」と言われた人もいる。
 50代後半の女性は、1977年のクアラルンプールでの事故で同期を亡くした。85年のジャンボ機墜落事故後は、犠牲になった同僚の遺族と御巣鷹の尾根に登り、墓標に手を合わせる遺族の背を見て安全を誓った。経営が傾いても「自分たちが立て直す」との思いで仕事を続けてきた。「それなのに……」
 労組「日本航空キャビンクルーユニオン」(CCU、856人)は、「会社による組合差別が背景にある」と訴える。
 日航が退職目標に足りないとしている客室乗務員は140人。これは、会社側と対立してきたCCUに所属する50歳以上の組合員数とほぼ一致する。会社寄りの組合では、50歳以上は管理職になっており、対象者はほとんどいないのと対照的だ。
 CCUは29日の組合大会でスト権を発議する構えだ。(佐々木学)
〜〜〜ここまで〜〜〜

そもそも日航が不採算で経営が傾く原因を作ったものは何か?
それは、どう考えても必要のないところに空港をジャンジャン作り
他の航空会社が運行しないので、日航をとばせたからだろう
だから、ちまたでは、あんなに無理させたのだから日航はつぶせないだろうと言われていた
それなのに、あっさり見捨てた格好だ

今、隠れた国家予算、特別会計が問題になっているが
まさに空港関連の特会で、必要のない地方空港を乱造した結果が
この日航問題だろう

退職の強要も、まるでかつての国労だ
特定の労働組合構成員をねらい打ちで退職させる
これは不当労働行為以外の何者でもない
国労問題は、歴史的政権交代で、やっと和解が成立したが
日航問題は、ここに発展する可能性を秘めてはいないだろうか?
とりあえず、中央労働委員会に提訴かな・・

それよりも、日航を経営破綻に追い込んだのが国なのは明らかなのだから
日航の社員も含めて救済する措置を、国はとらなくて良いのか?
確かに前政権与党の残したツケではあるが
こういうツケが、至る所にあるはずだから、それをすべて白日の下に曝すのが政権交代の意味ではないのか?

by kitanomizube | 2010-10-28 04:45 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 
結局この国には・・

前原外相が「GDP1.5%しかない第一次産業が、残る98.5%を犠牲にしている」と、発言したことが伝えられている
北海道新聞の夕刊「今日の話題」に載っていたのだが、元のソースを発見できなかった(×_×;)

結局この国の将来の姿を、どう描いているのか・・ということを知りたい
GDPの1.5%にすぎないものは、必要ないのだろうか?
その1.5%が、国民の命の糧の40%を支えている
かつて、イギリス等ヨーロッパ諸国も食糧自給率が低下した時代があったが
現在、軒並み100%近くを維持しているのは何故か?
それは、国民の命に直結する食糧生産は、他国に任せておけないということに気付いたからだろう
そこに気付かず、第一次産業を切り捨てるのは、この国の未来を自らの中に描けていないということではないのか?

エネルギー問題も同様
日本でなかなか太陽光やバイオマスの導入が進まないのは
エネルギーの自給・・ということに対しても将来を描いていないと言うことだ
これもヨーロッパ諸国が法規制をしてまで導入を進めているのは何故か?
やはりエネルギーの自給を進めることが、将来の安定した国の基盤を作ると考えているからだろう
原子力に固執している国は、今や日本と米国ぐらいである
世界の趨勢としては、原子力を進めようとしているところに資金が集まらなくなっていることが、このことを証明しているだろう

この件に関しては、与党内でも意見が分かれ
各省庁間でも数字がバラバラなようだが
元はと言えば、高度経済成長時代に、前政権与党が、工業製品を輸出する見返りに食糧等第一次産業製品を輸入し、
農家へは過剰な交付金、補助金で意見を言わせないようにしてきたツケが貯まって、他に例を見ないほど日本の食料品価格が高く、海外との競争力がなくなってしまった・・だから自由化を促進すると、日本の第一次産業が危ない構図になってしまっている
農業も漁業も林業も、将来が見えないから若い人の就業が進まず、高齢化している
だからなかなか効率化も出来ない・・ということではないか

これに、劇場政治が追い打ちをかけた
例の、何でも効率化、成果主義で、成果が上がらないとされた農家は、農協から新規の貸し付けが受けられず潰される・・と言う事態が進行したからだ
そして企業の農業参入促進・・
しかし、企業はもうからなければあっさり撤退だ
水辺の街にも、評判の良いトマトがあった
企業・・テ○モ・・だったらしいが経営したが、なかなか思ったような利潤がなかったのだろう
あっさり撤退した
その後を受けた農業法人は、残念ながら失敗した
で、今は再び企業が買い取って、野菜を作るのだそうだが・・○アウォーターだったかな・・・
これも、利潤が出なければ撤退だろうね

教育もそうだが、食糧問題も、エネルギー問題も、貧困も、若年層の就業問題も
将来のこの国のビジョンがないからではないか?
第一次産業を振興することで、若い人の就業機会は増えないか?
現実に農業法人で新規就農が始まっている所もある
漁業も同様に出来ないか?
林業はどうだろう?

エネルギー問題が進まないのも、企業の意向ばかりを気にして
常に成長戦略しか描かないから進まないのだろう
どう見ても、今の若い人の状況を見ると、就職できない、結婚できない、子供なんか作れない
この状況は、あの劇場政治が作りだしたものだ
そして今も変わっていない
このままだと、少子化に歯止めなどかかるはずもなく
人口は急速に減っていくだろう
その時に成長戦略で良いのか?

エネルギー消費は「増えるだろう」ではなく「減ること」を前提に転換を進め
再生可能なもので自給する道を探れないか
食糧も耕作放棄地の利用で、コストを抑え新規就農で若者を吸収できないか

何にせよ
将来のこの国の姿を描き、国民に見せることでしか、この国は変われないし、生き残れないだろう

by kitanomizube | 2010-10-27 05:41 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 
とうとう・・

今朝の黄葉
c0046416_3563755.jpg

朝日を浴びて、最後の輝きと言ったところでしょうか・・
職場に着く頃には雪まじり
一日雨だったり雪だったり、みぞれだったり、あられだったり・・・
で、帰宅
途中、ずーっと何でもなかったのに
水辺の街に入ったとたんに・・
c0046416_3565954.jpg

初雪ですね
けっこう降った感じですね・・
c0046416_3571668.jpg

これは明日の日中には溶けるのでしょうが
朝晩の通勤はタイヤ換えなきゃ辛いかな・・・(×_×;)

by kitanomizube | 2010-10-26 23:55 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
日本にはもう・・

北海道大学の鈴木教授がノーベル賞を受賞しました
その時に書こうか考えているうちに流れたのですが
先日、教育大学の先生の話を聞く機会がありました
その先生曰く「教育界で最も危機に直面しているのは教育大学かも知れない」というのです
何故かというと、教科教育法という講義があるのですが、中味は学習指導要領の暗記に近いのだそうで
選任の教授等もいなく、非常勤講師で行っているのだそうです
非常勤講師の実態は、退職された校長先生とかだそうですが・・
しかも、こうした流れに反対の意見を言うことは、自身の身の危険を感じるほどだというのです
首をかけるという意味でですが・・

5号館さんが、よく書いておられるように記憶していますが
今は大学も結果を求められ、つまりはもうかる研究しか認められないので、自由な研究活動が阻害されていると
本来研究は研究者の自由な発想から行われ、それが将来、何に役立つのかなどは問題ではなかったのではないのかな・・と思います
鈴木教授の研究も、長年日の目を見ることがなかったそうですが、日の目を見なかった研究が、こうやっていつしか世の中の役に立ち、なくてはならない成果となり、ノーベル賞の受賞に至っているわけですから、そういう自由度が必要なのではないかと思います

先に書いた教育大学でも、以前は自分の所属するゼミがあり
もちろん教科教育法もありましたが、もう少し現場に近いものであり
それよりも専門に学んだゼミの学習が、その先生の専門教科に深い奥行きを与えるものだと思います
学習指導要領に書かれた必要最低限の事項を暗記し、それしか教えない教員を養成することを強要し
しかも学力低下と学校現場を攻める

これから世に出る若い教師達が、自分の興味を生かした深い懐を持ち、子どもたちの興味関心を引きつけながら授業を展開する
そうした授業から、本来の学力は付けられていくものだと考えるのですが
テストの点数しか学力とは考えないのでしょうね・・・

国は大学にも競争原理を導入した結果、一部の大学に研究費が偏っていると言います
教育大学に結果を求めても、何が結果と言えるでしょうか?
産学官とかいう仕組みになじまないのが教育大学であり、教育だと考えます
結果、国=文科省にすり寄るためには、上記のような教科教育法しか出来ないと言うことなのでしょうか?
学習指導要領準拠の教師作り・・というか、それしか知らない教師作り・・
未来の学校の姿を想像すると、暗い気持ちになります
この国は、どこへ行こうとしているのでしょう?

はっきり言えるのは、もうこの国にはノーベル賞を受賞されるような方は出ないだろうということではないでしょうか・・

by kitanomizube | 2010-10-25 23:55 | 教育 | Trackback | Comments(2)
 
今日の夕焼け

今日は大会に参加していたが
終盤、会場を移動しようとすると
空がこんな風に・・
c0046416_535543.jpg

写真を撮らないと後悔する・・と、思わせる色に(^_^;)
c0046416_535203.jpg


by kitanomizube | 2010-10-24 23:34 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
北黄金貝塚で人骨出土

伊達市に、国指定史跡
北黄金貝塚がある
北海道式石冠と呼ばれる石が多数出土したり、貝塚にシカの頭骨が埋葬されていたり
アイヌ民族の道具とよく似た道具が出土したりしている
現在は、資料館があって、周辺の丘陵には復元された貝塚や住居がある

ここで、周辺の民有地の発掘調査が行われていたようだが
新たに人骨等が出土し、遺跡の範囲が広範囲にわたることが確認されたようだ
北海道新聞の記事から

〜〜〜ここから〜〜〜
伊達の北黄金貝塚 人骨など2000点出土 民有地でも遺跡確認
(10/22 09:03)
 【伊達】伊達市北黄金町の縄文時代前期の国指定史跡「北黄金貝塚公園」北側の丘陵地で今春から行われている発掘調査について、市噴火湾文化研究所は21日、現地で報告会を開いた。これまでに、史跡の外の丘陵地で人骨や石斧(せきふ)など約2千点が見つかり、縄文遺跡は民有地にも及んでいることが確認された。
 今回の調査で発見された人骨は、頭骨や歯、大腿(だいたい)骨など一体分で成人のもの。角を付けたまま祭祀(さいし)に使ったとみられるシカの頭骨もあった。
〜〜〜ここまで〜〜〜

噴火湾は、見学しやすい縄文の遺跡が多く、この近くでは虻田の入江貝塚も面白い
距離はさほど離れていないのに
入り江貝塚の方は、貝殻よりも海獣の骨の出土が多い
と言うことは、海獣=イルカを多く食べていたと言うことになる
これが文化だよね・・

それにしても、何故写真がないんだろう??
また撮りに行かなきゃ(^_^;)

by kitanomizube | 2010-10-23 09:27 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
 
旧跡めぐり

今朝は、裏の川からモウモウと霧が立ち上っていた
c0046416_24758.jpg

いよいよ寒くなるねえ・・

今日は、旧跡巡り・・といっても、私のだけど(^_^;)
子どもたちと作った縦穴式
c0046416_2472753.jpg

さすがに朽ちてきたなあ・・
c0046416_247538.jpg

この桜の紅葉が好きだった

本当は雨上がりに濡れた地面に落ちた紅葉が好きだったけど
残念ながら晴れていたし、耐震化工事とかで全面覆われて、何も見えなくなっていた(×_×;)

by kitanomizube | 2010-10-22 23:46 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
 
残照

面倒な細々を片付けて、やっと外に出たら、もうこんな時間だった・・・
c0046416_5523936.jpg

それにしても、雲一つない快晴の空だったんだね・・・

by kitanomizube | 2010-10-21 23:51 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
 
秋を通り越して・・

昨日の朝は霜がおりました
c0046416_652018.jpg

朝日に輝いている黄葉の手前に白く見える部分です
そして今朝の夜中は1℃だったようです
もう、いつ雪になってもおかしくない気温になってきました
まあ、これが北海道ですね
夏の暑さが異常だっただけですね
クマたちも、冬眠準備の食糧を
たくさん見つけられればいいのですが・・・

by kitanomizube | 2010-10-20 06:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
どうしちゃったんだろうね・・

なんと、射殺されてしまったらしいヒグマの親子
c0046416_4585772.jpg

読売新聞の記事から

〜〜〜ここから〜〜〜
小学校近くにヒグマ、市街地徘徊後に2頭射殺
市街地を歩く親子とみられる2頭のクマ=斜里町提供
 18日午前11時25分頃、北海道斜里町朝日町の斜里町立朝日小で、児童らが、グラウンドから20〜30メートルほど離れた森にヒグマがいるのを見つけ、斜里町教育委員会に通報した。
 2頭のクマは一時、商店が立ち並ぶ市街地を徘徊(はいかい)したものの、ハンターによって近くの森で射殺された。
 道警斜里署の発表によると射殺されたクマは体長1・3メートルと1・5メートル。いずれもメスで親子とみられる。エサ不足のため人里に現れるクマの被害が全国で相次いでいるが、同町役場は「市街地にクマが出没するのはおそらく初めてだろう」としている。
(2010年10月19日00時24分 読売新聞)
〜〜〜ここまで〜〜〜

それにしても、市街地にヒグマが2頭
何をしに来たのだろう??
今年は猛暑の夏だったので、山のものは豊作ではなかったのかな?
うちの栗は豊作だったけど
自然は逆なのかな

今年は本州でもツキノワグマの出没と駆除のニュースが多い
人間の自然破壊が限界まで達していると言うことなのだろうか

とりわけ北海道の河川は、どんな小さな川でも砂防ダムを造ったため、サケ等の遡上を阻んでいる
サケは冬眠前のヒグマの重要な脂肪、蛋白源なのだが、今は山奥では得られない
知床の海岸でサケを追うヒグマの姿が自然な感じで報道されているが、あれも、本来は山奥の河原で見られるはずのものだろう

やはり人間はもっと謙虚になり、自然の一部であることを自覚して生きなければならないという警告なのではないのだろうか

by kitanomizube | 2010-10-19 04:58 | 自然 | Trackback | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク