北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
<   2007年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧
 
今朝の水辺

今朝は川霧がもうもうと発生していた・・・・・らしい
気がつくと、裏のミズナラの木も、すっかり葉を落としている
もうすぐ雪かなあ・・

c0046416_3465065.jpg

by kitanomizube | 2007-10-31 23:45 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
Appleの評判に陰り?

アメリカで、Appleの評判にかげりが出始めているという
NBonlineから

話は遠いアメリカのことなのだけれど、何故か頷いている自分もいる・・

最初に手にしたパソコンは「窓」だった
悪友からいただきもの
それなりに使えた
けれど、その悪友が、今度MacがCPUを強化して新製品を出す
これは良さそうだから一緒に買わない?・・と・・・
で、買ったのが出たばかりのG3
その冬、今度は初代iMacが出た!!
衝撃!!
職場の半分がiMacになるのに時間はかからなかった(^^)

それ以来、Macの独創性に、そして先進性に惚れて
代々Macを使い続けている
勿論、Macが好きだし、満足している。

OS9も良かったが、UNIXbaseのOSXも、信頼性が高く良いと思う

Macの良いところは、製品もそうだが、パッケージにまでデザイン性があること
最初のiPodのパッケージを開けた日のことは今でも覚えている
そういう遊び心もまたMacなのだと思う

だけど、じゃあ、何に頷いちゃうのか?

それは、サポートだ
とにかく電話はいただけない
コールセンターでは、とにかくあちこち回されて、挙げ句の果てに問題が解決しないこともしばしば・・・
せっかく札幌に直営店ができたのに、そこに在庫があるかどうか確認することさえできない

今日も、PowerBookのバッテリーが調子悪いから電話をしたら、結局コールセンターに回される
札幌店に電話したんだぞ!!!
ここだけは、どう考えても納得できない

先日もそう言えば、サポートで怒っちゃった(^_^;)
HDD式のビデオカメラからiMovieに取り込めない
QuickTimeをProにしたら見られる・・と、あったので、早速した
でも、見えるけど、音が来ない
何故??
で、コールセンター
あちこち回されたあげく、「その型番は(ビデオの)対応してませんね」と、素っ気ない
色々聞いたんだけど、素っ気ない
何か、解決できるソフトとか紹介してもらえないのか?
と、聞くと、それもわからない・・「あるとは聞いているが・」だった
あまりに事務的な対応なので、怒ってしまった
「ちょっと、それは何かい? VAIO買えっていうこと? 私は、Macが好きで使い続けているけど、それをやめろっていうの? そりゃあ、マニュアル通りの対応かもしれないけど、Macのユーザーが、困っているんだよ。QuickTimeも対応していなくてすいません・・とか、無いの? どう考えてもビデオカメラのトップシェアはSONYでしょ。そりゃあ、ライバル会社かもしれないけど、そこの製品を使っているユーザーも多いんじゃないの?そこを冷たくしたら、そっちに流れるんじゃないの?逆に、そういうユーザーの声を吸い上げて、製品を強化したら売れるんじゃないの? 客だからって我が儘言うつもりで電話したんじゃないけど、そういう素っ気ない対応なら言わせてもらうわ」って・・・

こういうところは、私のようにMacが好きでたまらないユーザーでも、怒っちゃう
だから、Macの日が浅いユーザーなら、また「窓」に戻っちゃってもおかしくないよな・・と、本気で思った

遠いアメリカだけでなく、日本でも同じだ
携帯音楽プレーヤーではiPodが他を大きく引き離していると思う
そこからMacに関心も向いているとも思う
ラーメンズのCMも、面白い・・あそこまでやって良いのか?・・って思うくらい
だけどな、ハードが良くてもソフト・・それも人が良くないと、やはりダメになると思う
素っ気ない対応は、結局「客のことを考えていない」からだ
接客業は、客が何を求めているか・・に応じて対応できなければならないと思う
私も接客業だから、その辺は肝に命じたいし、命じているつもりもある
だから尚更、製品は好きだから尚更、対応には腹が立つ
あの、電話で番号を押して次々と回されるシステムも、人手を少なくするためだとは思うが、やはり人間味が無くて感じ悪い。しかもそれで待たされたりすると、挙げ句の果てにつながらなかった日には、怒りしか残らない。やめた方が良いと思う

前述の電話で怒った後、声を聞かせてくれ・・・・というmailがきた
それにも冷静に書いた・・・けど、返事とかないねえ・・・・

好きだから尚更、愛される企業になってほしいなあ・・・

by kitanomizube | 2007-10-30 19:47 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
 
すごい雷

すごい雷だった
車の中からだからピンぼけだけど、一瞬周りの景色が浮かび上がる
けっこう長く続いていた

by kitanomizube | 2007-10-29 22:57 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
お祝い(^^)

隣の学校で臨時採用の教員をやっている知人が
北海道教員採用試験に合格しました\(^o^)/
水泳が得意で、様々なことに積極的に取り組み
学生時代、夏の浜辺ではレスキューを
その延長で川のレスキューも
採用試験には落ち続けていたのですが、偶然、wisdomさんの職場に臨時採用で二年間入り
その間に、理科について、そして教材研究に対する情熱は植え込まれたのでした(^^)
それにしても良かった
その知人は、私とwisdomさんの教え子で
私にとっては大学の後輩で
更に仲間になったのでした(^^)
教え子が後輩に、そして仲間になったのは二人目です
嬉しい限り
その二人は、今、一緒に働いています
世の中って狭い(^^)
私はカウントダウンが始まったけれど
先の見えない世界だけれど
若い人たちは頑張って、子どもたちのために未来を切り開いてほしいと思います
もちろん、カウントがゼロになるまでは、私も頑張るのですが(^_^;)

by kitanomizube | 2007-10-28 21:22 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
 
何故犬が・・・

これも、昨日の写真から
道路脇の牧草畑の真ん中に犬が・・・
何故???
c0046416_2132428.jpg

望遠で見ると、つながれているようでもない
普通、野生の動物だったら隠れたいと考えるような気がするのだが・・
どこから見ても丸見え・・・
なんとなくぼさぼさの毛並みは、野良かなあ・・
それにしても、何故、幹線道路のすぐ脇なんだけど・・

c0046416_2134528.jpg

by kitanomizube | 2007-10-28 21:03 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
白鳥のお食事

長都沼、あるいはウトナイ湖に羽を休めている白鳥だろうか?
朝から郊外の畑に降りて、落ち穂拾いをしている
これは昨日の朝
羽のグレーなのは幼鳥
これは収穫の終わったデントコーンの畑だと思う
数がけっこう多いような気がする
宮島沼も混んでいるのかなあ・・

c0046416_2122736.jpg

by kitanomizube | 2007-10-28 21:02 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
国より低い給与は北海道だけ

国家公務員より低い賃金で働いているのは北海道だけらしい
北海道新聞の記事から

〜〜〜ここから〜〜〜
国より“薄給”道だけ 国と都道府県を比較 財務省試算(10/26 23:47)
 国家公務員より給与が低いのは道職員だけ−。財務省が二十六日の財政制度等審議会に提示した国と都道府県の公務員の給与水準を比較した試算で、こうした結果が明らかになった。「地方公務員の給与は国と変わらない」と人件費削減に反発する総務省などへの反論材料として算出した試算だが、北海道だけは高給与是正が“実証”される格好となった。
 国と地方の公務員給与は学歴や経験が異なって単純比較できないため、総務省の調査では地方公務員の学歴や年齢の構成が国と同一になるように調整して比較するラスパイレス指数を採用。二○○六年の都道府県平均は三年連続で国を下回った。
 財務省は「職員の給与は職務と責任に応ずる」との地方公務員法に着目し、学歴や年齢に加えて役職の構成も同一にして比較する新指数を案出。国家公務員を一○○とした場合の都道府県職員の給与は一○八・七で、国より割高だった。一○○を切ったのは北海道(九八・八)のみ。ラスパイレス指数では、北海道の最下位は変わらないが、国を下回るのは二十八道府県を数えていた。
 新指数では政令市の高給ぶりも浮かび上がった。十五政令市の平均は一二○・五で、最低の川崎市でも一○八・四だった。札幌市は一一三・七と十五市の中で十一位。
 また、運転手や清掃職員など地方公務員の技能労務職と、民間の類似業種との年収比較も提示。道内の技能労務職の○六年の年収は民間の一・八二倍で、全国平均(一・六一倍)を上回った。
 財務省は、技能労務職の給与を民間並みに引き下げれば、道内で年間約二百七十五億円、全国で約五千四百億円の人件費を削減できると試算した。
 同日の財政審では、地方公務員の給与水準が相対的に高いとの指摘が相次いだ。十一月中旬にまとめる建議(意見書)で公務員人件費の抑制を引き続き求めていく方針。
〜〜〜ここまで〜〜〜

北海道だけ賃金を下げられ続けて5年
他の都府県より低い水準がはっきりした
これでもまだ賃金カットを続けるんですか?
他では考えられない冬季の支出もあるんですよ
北海道は・・・・


by kitanomizube | 2007-10-27 03:12 | 政治 | Trackback | Comments(2)
 
昨夜は十五夜

昨夜は十五夜だった
仕事中だったけど
お月見だけはした(^_^;)

c0046416_622568.jpg

by kitanomizube | 2007-10-26 06:22 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
遠くの峰に雪が

遠くの峰に雪が見える
確実に冬が近づいている

c0046416_6211117.jpg

by kitanomizube | 2007-10-26 06:21 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 
本命はこれか水素エンジン

マツダが水素エンジン乗用車を北欧に輸出するらしい
朝日新聞の記事から

〜〜〜ここから〜〜〜
マツダ 水素エンジン自動車、初の輸出へ 北欧向け
2007年10月24日18時19分
 マツダは24日、水素も燃料にできるロータリーエンジン車「RX—8ハイドロジェンRE」を、ノルウェー向けに約30台納入すると発表した。同社が水素ロータリーエンジン車を輸出するのは初めて。
 千葉・幕張メッセで24日に始まった東京モーターショーで、マツダの井巻久一社長兼会長が明らかにした。RX—8ハイドロはガソリンと水素のどちらでも走行が可能で、二酸化炭素(CO2)の排出はゼロ。08年以降に順次納入する。
 マツダは昨年2月から、RX—8ハイドロの国内向けリースを開始した。計8台を納入しているが、まとまった台数を一括で契約するのは初めて。
〜〜〜ここまで〜〜〜

化石燃料が枯渇・・・
それよりも、CO2の排出がゼロという方が魅力
同じ水素を使う燃料電池よりも、新たに開発する部品も
装着する部品も少ない
水素のタンクがガソリンタンクの代わりにつくだけで、現行のエンジンをそのまま使えるのが魅力
燃料電池は、タンクの他に燃料電池本体、電気を一時的に蓄えるキャパシタなどが必要で、車両が重くなるのも欠点
車が軽いのは様々な部分でアドバンテージだから
燃料もブレーキもタイヤも減るのが少ない

となると、これからの自動車の本命はこれじゃあないのかな?


by kitanomizube | 2007-10-25 01:54 | 環境 | Trackback | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク