北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
カテゴリ:映画( 6 )
 
なんと1年以上書き込んでいませんでした(T_T)
昨日公開された映画を見てきました。
ディズニーの「ジャングルブック」です。
出演は、ほとんど主人公の子供一人で、あとの沢山出てくる動物たちは全てCGなのだとか(^_^;)
動物たちは、とてもCGとは思えないリアリティですよ(^^)
三回ぐらい驚いて飛び上がりましたが(^_^;)
楽しめる映画でした
原作とはかなり違いますね(^_^;)
まあそれは良いとして、評論家航太氏の評価を待ちたいと思います(^^)


それにしても最近はFBばかりで、こちらは本当に久しぶり、14ヶ月ぶりぐらいの書き込みのようです。
どうやって使い分けようかな・・ということを考えたいと思います。
by kitanomizube | 2016-08-12 07:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 
なかなか風刺が効いてた(^^)

久しぶりに映画を見に行った(^^)
「超高速 参勤交代」
なんとなく、あらすじは知って見に行ったのだが、なかなか面白かった(^^)
舞台が磐城=福島
福島の弱小藩が中央の政府=老中に翻弄されるという内容
陣内が、なかなか良い悪役を演じていた(^_^;)

政を疎かにして、磐城の土を殺してはならない・・だったかな(^_^;)
劇中のセリフなんだけど・・・
なんだか2011.3.11.の原発事故を風刺してやしませんか?
という感じ
他にも何度かそういう言葉が出てくる。
時代劇の場を借りて、現在を封止しているというか
強烈なメッセージを送っているように感じた(^^)v

by kitanomizube | 2014-11-16 19:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 
チャップリンってすごいね

有名な独裁者での演説の文章だそうだ
今の日本にもぶつけたい言葉だよ
ここです

~~~~~~ここから~~~~~~~
申し訳ないが……。私は皇帝になどなりたくない。私には関わりのないことだ。支配も征服もしたくない。できることなら、皆を助けたい。ユダヤ人も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。お互いの幸福と寄り添いたいのだ……。お互いの不幸ではなく。憎み合ったり、見下し合ったりしたくないのだ。世界で全人類が暮らせ、大地は豊かで、皆に恵みを与えてくれる。人生は自由で美しい。

しかし、私たちは生き方を見失ってしまった。欲が人の魂を毒し……。憎しみと共に世界を閉鎖し……。不幸、惨劇へと私たちを行進させた。私たちはスピードを開発し、自分たち自身を孤立させた。ゆとりを与えてくれる機械により、貧困を作り上げてしまった。知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷たく、無情にした。私たちは考え過ぎ……。感じなさ過ぎる。

機械よりも、人類愛が必要なのだ。賢さよりも、優しさ、思いやりが必要なのだ。そういう感性なしでは、世の中は暴力で満ち、全てが失われてしまう。飛行機やラジオが、私たちの距離を縮めてくれた。そんな発明の本質は、人間の良心に呼びかけ、世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万の人々のもとに届いている。何百万もの絶望した男性たち、小さな子供たち。人々を苦しめる組織の犠牲者たち。罪のない人たちを投獄させる者たち。私の声が聞こえている人たちに言う……。絶望してはいけない。私たちに覆いかぶさる不幸は、単に過ぎ去る貪欲であり、人間の進歩を恐れる者たちの憎悪なのだ。

憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶えるであろう。人々から奪いとられた権力は、人々のもとに返されるだろう。決して人間が永遠に生きないように、決して自由が滅びることもない。

兵士たちよ。獣たちに身を託してはいけない。君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは、君たちが何をし、考え、感じるかを指図する。君たちを鍛え、食事を制限する者たちは、君たちを家畜として、ただのコマとして扱うのだ。身を託してはいけない。そんな自然に反する者たちなどに。機械人間たち……。機械のマインドを持ち、機械の心を持つ者たちなどに。

君たちは機械じゃない。君たちは家畜じゃない。君たちは人間だ。心に人類愛を持った人間だ。憎んではいけない。愛されない者が憎むのだ。愛されず、自然に反するものだけだ。

兵士よ。奴隷を作るために闘うな。自由のために闘え。『ルカによる福音書』の17章に、「神の国は人間の中にある」とある。ひとりの人間ではなく、一部の人間でもなく、全ての人間なのだ。君たちの中になんだ。君たち、人々は力を持っているんだ。機械を作り上げる力、幸福を作る力を持っているんだ。君たち、人々が持つ力が、人生を自由に、美しくし、人生を素晴らしい冒険にするのだ。

民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。皆でひとつになろう。新しい世界のために闘おう。常識ある世界のために。皆に雇用の機会を与えてくれ、君たちに未来を与えてくれ、老後に安定を与えてくれる世界のために。そんな約束をして、獣たちも権力を伸ばしてきた。しかし、奴らは嘘つきだ。奴らは約束を果たさない。これからも果たしはしない。独裁者たちは自分たちを自由にし、人々を奴隷にする。

今こそ、闘おう。約束を実現させるために。闘おう。世界を自由にするために。国境のバリアをなくすため。欲望を失くし、嫌悪と苦難を失くすために。理性のある世界のために闘おう。科学と進歩が全人類の幸福へ、導いてくれる世界のために。兵士たちよ。民主国家の名のもとに、皆でひとつになろう。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

「民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。皆でひとつになろう。新しい世界のために闘おう。常識ある世界のために。皆に雇用の機会を与えてくれ、君たちに未来を与えてくれ、老後に安定を与えてくれる世界のために。そんな約束をして、獣たちも権力を伸ばしてきた。しかし、奴らは嘘つきだ。奴らは約束を果たさない。これからも果たしはしない。独裁者たちは自分たちを自由にし、人々を奴隷にする。」
ってどう?
ABにぶつけたい言葉だよね。
奴らは嘘つきだ。奴らは約束を果たさない。これからも果たしはしない。独裁者たちは自分たちを自由にし、人々を奴隷にする!
民主国家の名のもとに、みんなで力を合わそう!

せっかくだから動画も(^^)


by kitanomizube | 2014-07-08 05:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 
これを見てきた
やっぱり良かった(^^)v

春を背負って


ストーリーは、奇をてらったりしているわけでもなく、淡々と進む。
テーマが「居場所」だという。
主人公や周辺が居場所づくりをしている・・居場所を探している・・
自分はどこを居場所として生きているのか・・という問?

mont-bellの社長:辰野勇氏が出演していた(^^)v
ケーナを吹いていた(^^)
そういえば、全編モンベル製品展示会・・まではいかないけど、ふんだんに使われていた(^^)

標高3000mの自然の厳しさと美しさ・・監督の現地へのこだわりが生きている(^^)
誰かの居場所を創るということ・・
そういう生き方をしたいな(^^)

by kitanomizube | 2014-06-23 05:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 
これ見に行きたい(^^)

映画館にあった予告の写真にそそられた(^_^;)
「春を背負って」


標高3000mにある山小屋のお話。
映画も見たいけど、実際にこの場所へ行って、あの景色を見てみたい(^_^;)

by kitanomizube | 2014-06-11 23:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 
これ、面白かった(^^)v

映画を見てきた
矢口監督の「Wood Job」
これがなかなか面白かった(^^)v
林業って、なかなか男前の素敵な職業だと思った(^^)

クライマックスの祭りが、本当に日本にはあったお祭りだと思わせられる(^^)
お勧めです
劇場でどうぞ(^^)

by kitanomizube | 2014-06-11 22:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク