北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
この国は何時代に戻ったのだろう?

政府の暴走も許しがたいが、検察や裁判所も、到底国民を守るものとは思えない
美濃加茂市長の逮捕、勾留に、特高警察の影を見てしまうのは私だけ?
huffpostの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
藤井美濃加茂市長の不当勾留は地方自治を侵害する重大な憲法問題
投稿日: 2014年07月08日 15時33分 JST 更新: 2014年07月08日 15時36分 JST
藤井浩人美濃加茂市長が市議時代に業者から30万円を受け取った収賄の疑いで逮捕・勾留されている事件で、勾留取消請求却下決定に対する準抗告を棄却する名古屋地裁の決定に対して、本日間もなく、最高裁判所に特別抗告を申し立てる。

その理由は、現職の美濃加茂市長の被疑者について、逃亡のおそれがなく、罪証隠滅のおそれもほとんどなくなっているのに、勾留の必要を認めて、勾留取消請求を棄却した名古屋地裁の決定が、「地方自治の本旨」等、地方自治の基本原則を定める憲法92条、93条2項の趣旨に反し、「正当な理由」を拘禁の要件と定める憲法34条後段、「適正手続の保障」を定める憲法31条に違反するということだ。

現職市長で、一貫して潔白を訴える藤井市長に「逃亡のおそれ」がないことは、あまりにも当然で、任官後僅か半年の新米裁判官が、そのような非常識な勾留理由を認めたことが裁判所のシステムの問題であることを、【現職市長に「逃亡のおそれあり」として勾留決定をした任官後半年の新米裁判官】で指摘した。

「逃亡のおそれ」については、さすがに、勾留決定に対する準抗告棄却決定でも勾留取消請求却下に対する準抗告棄却決定でも「逃亡のおそれについて判断するまでもなく」と述べて判断を回避している。

問題は、罪証隠滅のおそれの方であるが、贈賄が行われたとされている2回の会食の場にいた同席者が、市長の任意聴取が始まった日から、連日、朝から晩まで警察・検察の取調べを受けている。しかも警察では、過酷な取調べで意識を失うところまで追い込まれているにもかかわらず、一貫して「現金授受は見ていない。そのような話は聞いたこともない。」と供述しており、藤井市長の支援者が行っているネット署名にも、「俺が白だというんだから白だ!」と書き込むなど、贈賄供述をしている業者の供述の裏付けにならない供述がほぼ確定している。

江川紹子氏も、コラム【藤井美濃加茂市長収賄容疑事件、裁判所は令状発行機関なのか】で、この同席者にインタビューした結果について、次のように述べている。

高峰氏に話を聞くと、現金授受も有利な取り計らいをしてほしいとの請託も、明確に否定した。

「そもそも、彼(藤井氏)はこの浄水設備の導入に乗り気になっていたので、業者が賄賂を渡したり、有利な取り計らいを頼んだりする必要が、全くないんです。会った時には、ずっと私がいて、彼と業者の2人だけになる機会もありませんでしたし」(高峰氏)
贈賄業者は、別件の詐欺事件(教育委員会の公印を偽造して金融機関から融資金をだまし取った事件など)で勾留中であり、藤井市長が有利な供述をするよう働きかけることはできないし、同席者は、市長の供述と一致しているのであるから、働きかける必要もない(もちろん、今後、警察、検察が、同席者に拷問的な取調べを行って現金授受を見たと認めさせるというのであれば別だが)。

このような事件で、どうして「罪証隠滅のおそれ」があると言えるのか。

そもそも市議時代の30万円の収賄事件で現職市長を逮捕するということ自体が、この種の事件の捜査の常識からはあり得ない。それに加え、何と言っても、本件は、勾留10日足らずで、賄賂の授受がなかったことはほぼ明白となり、罪証隠滅のおそれもなくなったという特異な事件なのである。これらの事件の内容や捜査経過に関する問題点については【最年少・藤井美濃加茂市長収賄事件 担当弁護士郷原信郎氏独占インタビュー】で述べている。

このような事件で、美濃加茂市民が、一致結束して、市長の潔白を信じ、早期釈放を求めている。7月6日の日曜日から本格的に始まった市民の署名は、美濃加茂市の人口約5万5000人のうち、昨日までのわずか2日間で1万5000人を超えた(代理署名も含む)。

このような状況で、不当な勾留を続け、美濃加茂市政に重大な支障を生じさせているのは、憲法92条が保障する地方自治制度に対する重大な侵害である。

名古屋地検、愛知県警などが行っている美濃加茂市に対する不当な干渉を、名古屋地裁が、何の問題意識もなく丸ごと容認している以上、重大な憲法問題として最高裁判所による救済を求めるほかない。

(2014年7月8日「郷原信郎が斬る」より転載)
~~~~~~ここまで~~~~~~~

自民党推薦候補を破って当選した市長だから?
と、思ったが、当人もその後自民党に入党したらしい(^_^;)
それにしても、日本の司法は、市民を守る気などないのか?
国家権力が逮捕、勾留を求めたら、何も考えずに認めるのか?
かなり前の話だが、イラクへの自衛隊派遣に反対する市民団体が
自衛隊官舎の集合住宅でポストにビラを配布した事件に対して
住居侵入容疑で逮捕した際も、逮捕を認め、しかも180日間という長期に渡る勾留を認めたのも裁判所だった。
司法は独立してその職権を行うことになっているが、本当に独立性は保たれているのか?
政府や検察から要求されたら、何でも認めているのではないのか?
そんな風に思えてしまうほど、今回の件も腑に落ちない。
新米裁判官だから・・という向きもあるようだが
新米だからといえども、少なくとも法律の専門的知識を持ている人だろう。
それより、その新米裁判官に対して、例の司法官僚:最高裁事務総局が
裏で指示をしているのではないのか?
あるいは、先輩裁判官が、この判断に対して何やら助言とかいう名目で指示をしているのではないのか?

本当に、この国は、今何時代なのだろう?
関係者の取り調べも、連日長時間に渡り、昇任が意識を失うほどだという。
まるで特高警察でしょ?
さすがに拷問されないだけでしょ?
長時間の監禁も拷問に等しいけどね・・
エイフはセルフクーデターで憲法をないがしろにして好き放題。
官憲はまるで治安維持法下の特高警察
これじゃ、まるで戦前だ。
これが首相の言う「美しい国」「強靭な国」なのだろうか?
やはり、「戦前の日本を取り戻す」つもりなのか?

by kitanomizube | 2014-07-09 06:28 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/22343308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 報復合戦が終わることはないのか? またまた好き放題 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク