北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
もう、3年も経つんだね・・

東日本大震災から3年目だ。
復興支援とかいって金を集めて他に流用したりして・・政府・・
復興は進んでいるのだろうか?
新聞によると、今も26万人が避難しているという・・
jiji.comの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
東日本大震災、11日で3年=今も26万人避難-進まぬ集団移転、除染

 東日本大震災は11日午後、発生から3年を迎える。警察庁によると、10日現在の死者は12都道県の1万5884人。岩手、宮城、福島各県を中心に2633人が今も行方不明だ。一方、震災後の傷病悪化で亡くなる「震災関連死」は3県で前年より300人以上増え、累計で3000人に迫る。避難生活の長期化によるストレスが要因とみられ、子どもの心身に与える影響も懸念される。

【特集】東日本大震災 ~身元不明の似顔絵~

 復興庁によると、2月13日現在の避難者は全国で約26万7000人。県外への避難は、東京電力福島第1原発事故が起きた福島が4万8000人、宮城7000人、岩手1400人。3県内で計9万7000人(1月末現在)がプレハブの仮設住宅暮らしを余儀なくされている。
 用地確保の遅れや資材不足などから、被災者が入居する災害公営住宅は3県合わせた予定戸数の3%しか完成しておらず、高台などへの集団移転も造成が完了した地区は1割にとどまる。建設労働者の人材難による人件費の高騰もあり、公共工事の遅れが復興の足かせとなっている。

 3県で発生したがれき1694万トンのうち、1月末時点で95%の1613万トンが処理された。津波で被災した農地は今春までに7割が復旧し、水揚げが全面的に可能となった漁港も1年前より増えた。しかし、原発事故の風評被害など産業へのダメージはなお深刻だ。
 福島第1原発では、核燃料が溶け落ちた1~3号機原子炉などの冷却が続けられている。注ぎ込まれた水は放射性物質を含む汚染水となり、原子炉建屋に流れ込む地下水が混じって増加。大量に保管されたタンクからは漏出トラブルも相次ぐ。4号機では昨年11月、使用済み燃料プールで核燃料の取り出しが始まったが、30年以上かかるとされる廃炉に向けた作業は課題が山積している。
 事故をめぐっては、福島県田村市の都路地区で避難指示が4月1日に解除され、原発20キロ圏内の旧警戒区域で初めて住民帰還が実現する。ただ、政府は「全員帰還」の方針を転換。放射線量が高い帰還困難地域については賠償金の上積みで避難先での定住を促す。帰還を前提とした地域でも、国直轄の除染作業が最大3年延長されるなど遅れが目立つ。(2014/03/10-20:26)
~~~~~~ここまで~~~~~~~

結局、何も進んでいないのではないのか?
それなのに、復興予算は底をつくという。
わけのわからないものに流用したせいではないか?
会計検査院等が、しっかり監査しなければ、この国の行政は何をするかわからない・・・という印象が強まったままだ。

原発の過酷事故も3年がたつ。
毎日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
福島原発事故:避難234人が東電提訴…社員1人も原告
毎日新聞 2014年03月10日 19時51分(最終更新 03月10日 22時05分)

 東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされ精神的苦痛を受けたなどとして、福島、栃木両県で被災した計234人が10日、東電と国に総額約46億6300万円の賠償を求める集団訴訟を東京地裁に起こした。原告には東電社員1人が参加。原告弁護団によると、事故を巡って現役社員が東電を訴えたのは初めてとみられる。また同日、新潟、山形、群馬などの各県でも避難者が集団提訴した。

 訴えた社員は、事故当時、福島県大熊町の社員寮に住んでいた20代の男性で請求額は1800万円。弁護団によると、社員は原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に仲介を申し立て、ADRが示した和解案を基に東電から賠償金を受け取っていた。だが、昨夏、東電が運営する県内の独身寮に転居した後、ADRが示した和解案を東電が拒否したため、提訴に踏み切ったという。

 男性は事故後、現地対策拠点「オフサイトセンター」で住民の安全確保や避難対策などに従事していたが体調を崩し2013年5月に労災認定を受けた。現在は関東地方に住んでいる。【川名壮志】

 ▽東京電力の話 訴状が送達されていないため詳細は承知していないが、真摯(しんし)に対応していく。

 ▽原子力規制庁の話 訴状が送達されていないため、現時点ではコメントできない。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

東電を提訴。当然だろう。
というより、何故保障が進まないのか理解できない。
つまりは東電は政府に守られ、政府はやる気が無いからではないのか?
何度も書いてきたが、何故、JALは経営者が代わり、東電は代わらないのか?
つまり、誰も責任をとっていないということだ。東電も、政府も。原子力ムラも。
まあ、現政権の政策を見たら、国民を切り捨てる政策しかないのだから、こうなるのも頷ける。
こういう政権を選んだ国民の責任なのだろうが、そんな政府に、この国の未来を預けて良いのか?
先日3万人が集まって脱原発を訴えたそうだが、
脱原発の世論は高まっている。
原発「減らすべき」「全廃」80%だそうだ
NHKnewswebの記事

~~~~~~ここから~~~~~~~
原発「減らすべき」「全廃」80%近くに
3月10日 5時04分

原発「減らすべき」「全廃」80%近くに
東京電力福島第一原子力発電所の事故から3年を前にNHKが行った調査で、原発をどうすべきかを尋ねたところ、「増やすべきだ」「現状を維持すべきだ」が合わせて20%余りだったのに対し、「減らすべきだ」「すべて廃止すべきだ」が合わせて80%近くを占めたことが分かりました。

この調査は、NHK放送文化研究所が防災やエネルギーへの意識を探るため去年11月から12月にかけて全国の16歳以上の3600人を対象に行い、68%に当たる2459人から回答を得ました。
まず、原発で周辺住民に影響を及ぼす事故が起きる不安について尋ねたところ、▽「大いに感じている」が37%、▽「ある程度感じている」が最も多く50%、▽「あまり感じていない」が12%、▽「まったく感じていない」が2%となり、原発事故への不安が解消されていない実態が浮かび上がりました。
続いて停止中の原発の運転再開を尋ねたところ、▽「賛成」が11%、▽「反対」が44%、▽「どちらともいえない」が44%となりました。
そして原発を今後どうすべきかを尋ねたところ、▽「増やすべきだ」が1%、▽「現状を維持すべきだ」が22%だったのに対し、▽「減らすべきだ」が最も多く46%、▽「すべて廃止すべきだ」が30%となり、このうち「すべて廃止すべきだ」は2年前の調査より10ポイント増えています。
また、福島第一原発の現状を尋ねたところ、▽「不安だ」「どちらかといえば不安だ」が合わせて95%、▽「どちらかといえば不安でない」「不安でない」が合わせて5%でした。
NHK放送文化研究所は「汚染水の問題が続く福島第一原発に不安を感じている人ほど、原発を『すべて廃止すべきだ』とか『減らすべきだ』と答えていて、福島第一原発の状況が『原発をどうすべきか』に対する国民の考えに影響している」と話しています。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

これが世論だ。
それなのに、この国民の声を無視して、原発再稼働へ向けて「重要なベースロード」などというわけのわからない位置づけを与えている。
海外への輸出もするのだろう。
これは、倫理的にも許されることなのだろうか?
政府は教育でも「道徳の教科化」をするらしいが、「道徳的考え方」を一番に学ばなければならないのは政府や官僚、そしてムラ人じゃあないのか?

風評被害・・というけれど、こうやって原発事故の処理もできずに時間が経てば、当然、放射性物質の環境への漏出も増えていることになる。
食べて応援も、首相が勝手にやってくれればいい。
子どもたちには食べさせないでほしい。

by kitanomizube | 2014-03-11 05:59 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/21807627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水に浸かって2日間は奇跡に近い すごいねえ!! >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク