北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
これだ!

そうそう、こうやって国民を、世界を戦争に引きずり込んでいる国なんだ。その国の属国で喜んでいていいのか?
ジョージさんのblogの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
イタリアの国会で、パオロ・ベルニーニ議員が、この100年に渡る「戦争屋アメリカ」の陰謀工作の真実と、これから起こるであろう脅威への警告を語ってくれました。
全世界が既に知っていて、日本人だけが知らない「真実」を我々はきちんと受け止め、アメリカによってかけられている「洗脳」から解き放たれなければなりません。
彼の演説は事実です。
我々はそれに気付くところから始めなければならないのです。
日本人はアメリカのかけた「マジック」に騙されたまま、戦後「幸せ」に生きてきてしまいました。
これから来る地獄を感じることも出来ず。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

ここに書かれているように、アメリカは戦争に突入したくても国民が納得しない状況ではそうできないので、
何らかの形で、その状況を作り出しては戦争に突入してきたのです。
第1次世界大戦も、第二次世界大戦も、ベトナム戦争も、そして911です。
ベトナム戦争のトンキン湾事件、そしてイラク戦争の理由とされていた大量破壊兵器の製造は、共に嘘でした。
イタリアの国会議員は、国会で911は自作自演だったと話しています。
これは随分前からアメリカで指摘されていたことでもありますが・・
マイケル・ムーア監督の「華氏911」は、そういう観点から作られていますよね。
まあ、あの後の戦争で儲けたのが、チェイニーやラムズフェルドだったというのが、その証拠でしょうね・・。
その国のお先棒を担いでいるのが、我らの首相ですから情けない。
その国の儲けのために、自国の若者を戦士として差し出し、この国の経済をTPPにより差し出す。
そのことで、傀儡政権の首相として君臨できる・・
それが名誉なことなのでしょうか?

by kitanomizube | 2014-02-16 12:16 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/21678762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コレが国際常識 本当に大丈夫なのか? >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク