北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
違和感が・・・

東京都知事選挙で、舛添候補が優位に立ち、細川、宇都宮両候補が追う展開になっている・・と、共同通信の世論調査結果だと伝えられているが・・
北海道新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
東京都知事選、舛添氏優位 細川、宇都宮氏続く 共同通信調査(02/02 19:22)
 9日投開票の東京都知事選で共同通信社は1、2両日、電話による世論調査を実施し、取材結果も加味して終盤情勢を分析した。序盤先行した元厚生労働相の舛添要一氏(65)が優位を保ち、元首相の細川護熙氏(76)、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦=が競り合いながら続く展開となっている。

 「投票先をまだ決めていない」と回答した人は前回調査(1月23、24両日実施)の43・0%より減ったものの全体の32・6%を占めており、情勢はなお流動的だ。

 最大の争点を聞いた結果、前回2位だった「景気と雇用」が30・6%でトップに。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

マスコミの報道は、本当なのだろうか?
そう疑いたくなるのは、舛添候補の街頭演説と、細川候補の街頭演説に集まっている市民の数が逆だからだ。

例えば、このサイトは細川陣営の街頭演説の画像

ここでは宇都宮氏の第一声の徴収が見られる。

どちらも歩道をうめつくす人波だ。

それに対して舛添氏の街頭演説は、
田中龍作ジャーナルで、伝えられているが、動員された議員ぐらいだ。

こういう報道と現実の不一致は、先の選挙でも見られた。
徴収が一人もいなかった候補がトップ当選とか、あり得るのだろうか?
ここに選挙の不正を疑いたくなる原因がある。
今回も、これで舛添候補が当選したら、その原因は「むさし」だということにならないか?
残念ながら、脱原発票を取り合っている限り、舛添氏の組織票にかなわないかもしれないのだが・・・
どういう結果になるのかは、要注目だと思えてしまう

by kitanomizube | 2014-02-03 06:04 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/21598700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 違和感が・・・ こんなことするの? >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク