北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
この広告通りに

名護市の広告がすごい!
「名護は屈しない。市民の誇りにかけて」という素晴らしいコピー(^^)
稲嶺さんの勝手連のツイートから

そして、この広告のとおりに、稲嶺氏が当確!
朝日新聞の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
名護市長選、稲嶺氏が再選確実 辺野古移設に反対
2014年1月19日20時06分
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設計画への賛否が最大の争点となった沖縄県名護市長選は19日、投開票され、名護市辺野古への移設に反対する現職の稲嶺進氏(68)が、移設推進を掲げた新顔の前自民県議、末松文信(ぶんしん)氏(65)=いずれも無所属=を破り、再選を確実にした。仲井真弘多(ひろかず)知事が昨年末、国から出された埋め立て申請を承認したが、移設への道のりは険しくなった。当日有権者数は4万6582人。

 移設先に名護市が浮上した1996年以降、5度目の市長選。初めて推進・反対を明確に主張する2氏の争いとなった。

 稲嶺氏は「未来の子どもたちを守るために新しい基地は造らせない」と強調。港湾や河川の管理権など移設工事に関わる市の権限があるとして、「市長の許可、同意がなければ手続きは進まない」と工事に協力しない姿勢を示してきた。知事が埋め立てを承認してもなお移設に反対する市民の思いをつかんだ。

 知事の承認を「観光立県を打ち出しながら、自然を潰そうとしている」と批判。政府・自民党が示す振興策についても「札束で県民の心を買う手法は間違い」と訴え、政府や知事への批判票も取り込んだ。

 移設推進を訴えた末松氏は、国の振興策や交付金の活用を強調。自民党の石破茂幹事長や仲井真知事が応援に入ったが、及ばなかった。移設推進を掲げて立候補を表明した前市長との一本化に時間がかかったうえ、公明が事実上の自主投票になったことも響いた。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

さて、ここからが問題。
政府は選挙が終わったら民意など関係ない・・というスタンスだったが、数の力で押し通しても動かない民意があることを知っただろう。
辺野古は諦めてもらって、海兵隊はグアムに行ってもらおう!
そして、本当に国益・・いや国民の利益を考えた政治をやってもらわなきゃね。
米国追従の自虐的な政治はそろそろお終いにしてもらいたいものだ。

by kitanomizube | 2014-01-19 21:17 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/21509524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そう言うなら・・ 良いねU-20! >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク