北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
ほんまや

秘密保護法案を読むと、デモ等の行為がテロとされる危険性があることが指摘されている
norborderの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
特定秘密保護法の条文でも「デモはテロ」(DNB編集部)
2013年12月02日
 自民党の石破茂幹事長が自身のブログで「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」と書いた(後に撤回)ことについて、各方面から批判の声が上がっているが、実は特定秘密保護法案についての政権側のホンネを開示したに過ぎないことが、法案の条文分析から明らかになった。

 同法案では、特定秘密の対象として⑴防衛に関する事項、⑵外交に関する事項に加え、⑶特定有害活動の防止に関する事項、⑶テロリズムの防止に関する事項の2項目を挙げていることから、秘密に範囲が恣意的に際限なく広がる可能性が指摘されている。とりわけ「テロリズムの防止」は定義があまりに曖昧で、そもそも「テロリズム」とは何を指すのかが問題とされてきた。

 森雅子担当相や政府は、⑴主義主張に基づき強要する目的で人を殺傷するための活動、⑵不安や恐怖を与える目的で人を殺傷するための活動ーーーなどと説明してきた。だが、実際の条文はそうなっていない。条文を正確に引用すると、

 〈政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他を破壊するための活動〉と定義されている。「又は」は並列を表す接続詞なので、これを普通に読めば、

⑴主義主張に基づき、他人にこれを強要する行為

⑵社会に不安や恐怖を与える目的で人を殺傷する行為

⑶重要な施設を破壊するための活動

 上記3つの行為が「テロリズム」になる。

 ⑵⑶はまさしくテロ行為だが、どさくさに紛れてテロとは関係のない⑴を潜り込ませていたのである。「他人への強要」とは何を指すのか? 大音量での絶叫も、官邸を取り囲むデモも「強要」と捉えられる余地があり、法案の条文上では「デモはテロ」とされる可能性が否定できない。

 石破氏は、そんな政権側のホンネを“情報開示”してしまったのだろうか。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

どうだろうか?
こうやって国民の活動を制限し、麻生元総理が言っていたように、「気づかないうちに憲法改正」してしまうのが政権の狙いなのかもしれない。
上の記事にあるように、「人々を殺傷したり、施設を破壊」する行為はテロだろう。
だが「主義主張に基づき、他人にこれを強要する行為」とは、いったいどのような行為を言うのだろう?
これが「デモ」や「シュプレヒコール」だと政権が決めてしまえば、今行われている集会等は全てテロということになる。
これが「恣意的運用」というものだろう。
こうやって、都合の悪い人間を次々に取り締まり、物を言えない世の中を創りだそうというのが政権の狙いなのか?
そう勘ぐられてもしかたがないだろうね・・
これは、国連人権高等弁務官も黙ってはいられないだろうね
こんなこと、許していいのか??

by kitanomizube | 2013-12-03 20:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/21038947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 本気でやるつもりか? 国連が名指しで批判 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク