北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
でしょ? やっぱりね・・

平均給与は24年前と同水準!
ニュースの教科書の記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
2013年10月1日
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

政治 社会 経済
 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。国税庁が9月に発表した民間給与実態統計調査によれば、2012年の民間平均給与は408万円となり、2年連続で減少していることが明らかになった。この金額は1989年とほぼ同じ水準であり、約四半世紀も前の水準に逆戻りしてしまったことになる。



 国税庁では毎年、民間企業で働く従業員の給与を調査している。2012年の給与所得者数は5422万人で、前年より0.1%減少した。一方、支払われた給与の総額は前年より2.4%減少しているため、平均給与が減少した。
 2012年は従業員の数が減少しているが、ここ20年は基本的に従業員の数が増加している。賃金が下がり続けているのは、従業員の総数は増えているにもかかわらず、給与総額の減少が止まらないためだ。

 2012年の平均給与は24年前の1989年と同水準だが、当時の給与所得者数はわずか3850万人であり、現在の7割しかいない。従業員は1.5倍近くに増えているのに、給与総額は1.2倍にしかなっていないのだ。バブル崩壊後の20年は1人でできる仕事を1.2人、1.5人と増やしていき、ひたすら生産性を下げることばかりに専念してきたといえる。バブル崩壊後、他の先進国はGDPを1.5倍から2倍に増やしているのに、日本だけが横ばいだったことを考えるとこの結果はある意味で当然といえる。

 日本が結果的に生産性の低下に邁進してきた原因は明らかである。それは雇用の維持だ。日本は企業の生産性の向上よりも雇用の維持を優先させてきた。だが経済が拡大しない中ではそれにも限界がある。従来の環境では雇用を維持できなくなった分は非正規社員という形で極端に給料が安い就労形態に切り替え、正規社員の給与も抑制することによって、なんとか全体の雇用を維持してきたということになる。

 ちなみに、国税庁では今回の調査から正規社員と非正規社員を区別して統計を取っている。全体平均は408万円だったが、正規従業員は467万円、非正規従業員は168万円となっており、正規従業員は非正規の3倍近くの給料をもらっている実態も明らかになった。

 企業の生産性が低下したままでは、そこから成長の芽が出てくる可能性は低い。これが景気低迷を長引かせ、さらに雇用の維持が厳しくなるという悪循環を繰り返すことになる。安倍政権の登場によって、20年続いてきた賃金減少に歯止めがかかる可能性が見えてきている。だがアベノミクスによる景気の回復は、財政出動を伴う大型の公共工事と景気循環局面がうまく重なったものである可能性が高く、日本経済の本質的な構造が変化しているわけではない。

 オリンピックの東京開催が決まり、今後7年間は大型の公共工事が続く可能性が高くなってきた。日本はつかの間の景気回復を謳歌することができるかもしれないが、産業構造の転換を伴わないまま、オリンピック終了を迎えた時には、かなりの反動不況がやってくることになるかもしれない。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

なんちゃらミクスで賃上げを期待とか言っているが、具体的な施策はなしだから、上がらないだろう。
そんなことより企業重視政策で、復興法人税は廃止だ。そもそもが法人税に関しては復興増税などなかったのだから、これは減税ということだ。
減税が復興のために3年遅れるところを2年にしましたという意味。

厚生年金未納法人が100万社10兆円という記事もあった!!

~~~~~~ここから~~~~~~~
厚生年金未納100万社から徴収すれば10兆円保険収入増の指摘
2011.10.30 07:00

野田内閣が推し進める増税と年金支給年齢の引き上げ。閣議了解された『社会保障と税の一体改革案』では、現在65歳の年金支給開始年齢を「68~70歳」へ引き上げることが盛り込まれた。

もし、年金財政がそれほど逼迫しているというなら、厚労省には70歳支給の前にやるべきことがある。

未納保険料の徴収だ。

現在、国民年金の未納率は約41%に達し、全額免除者(約26%)を合わせると、対象者の3分の2は保険料を支払っていない。厚生年金にも、毎年10兆円もの徴収漏れがあるという。

元財務官僚の高橋洋一・嘉悦大学教授の指摘だ。

「国税庁に税務申告している法人数は全国276万社あるが、厚生年金の統計では事業所は173万社しかない。その差、100万社は厚生年金保険料を支払っていない。なかには社員の給料から保険料を天引き、国に納めない悪質なケースもある。その100万社から徴収すれば年間10兆円ほど保険料収入が増えると推計している。真っ先に取り組むべきです」

厚生年金の収入が年間10兆円増えれば、財政は大幅な黒字。支給アップや保険料値下げさえ可能になる。

しかし、年金官僚やねんきん機構(旧社保庁)職員は未納保険料の取り立てはアルバイトの非常勤にやらせ、本気で取り組もうとしていない。もともと自分のための制度だと思っているから、国民のために面倒なことなどやりたくないのだ。

※週刊ポスト2011年11月4日号
~~~~~~ここまで~~~~~~~

年金も収めない企業を泳がせておいて、国民からは大学生にまで督促状を出す。
これが企業重視でなくて何なの?
この記事は古くて「野田政権」と書かれているのは笑えるが・・・自民も民主も同じということだね

憲法が保障する生存権ぐらい、ちゃんと守る国になってほしいものだ
それが安全保障だろう

by kitanomizube | 2013-10-03 06:57 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/20797416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 上手いね・・(^^) 今年も豊作 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク