北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
茶色の朝にしないために

三宅洋平の話が出ている
日刊サイゾーの記事から

~~~~~~ここから~~~~~~~
「17万人のメッセンジャーが生まれた」若者を動かした選挙フェスと、三宅洋平のこれから
 自民党が大勝利を収めた先の参院戦だが、その一方で、新たな変化の兆しがあった。落選した比例代表候補の中で、ダントツの17万6970票を集めた無名の新人候補・三宅洋平。緑の党比例区から立候補したミュージシャンだ。選挙資金2000万円をカンパで集め、「選挙フェス」なる新たな手法で既存の選挙戦に殴り込みをかけた。ステージを組み、ミュージシャン仲間を次々と登場させ、バンドの伴奏に合わせてポエトリーリーディングのような演説を行うそのスタイルは、若者の間で広がる政治忌避を、街頭のフェス化によって変えようという試みだった。「選挙に立候補するのは、俺がみんなより強いからじゃない。あなたと変わりない俺が、勇気を振り絞っただけ」「俺はもう限界までやってるよ、君はどうするの?」――。自分への投票は二の次で、あくまで政治参加を呼びかける三宅の姿は、明らかにほかの候補者とは一線を画していた。全国17カ所で行われたこの選挙フェスは回を追うごとに動員を増やし、投票日前日、渋谷・ハチ公前には1万人以上の人が集まる騒ぎとなった。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

きっと日本の政治はまだまだよちよち歩きの粋を出ていないのだろう・・・
明治以降、天皇を頂点とする中央集権体制でやって来た。
敗戦で、占領され、形だけは民主的になった。
が、占領政策の転換もあり、結局軍国主義者の亡霊が長く政権を担当してきた。
その反対のための反対しかしなかった野党。
その筆頭が旧社会党だ。
バブル崩壊後、何度も変わるチャンスはあった。
が、それを潰してきたのは、残念ながら非自民の政権だった。
というより、裏で糸を引いていた旧宗主国なのかもしれないが・・

何にしても、野党根性というか・・・
反対のための反対しかしないから、自分たちにお鉢が回ってくると、結局稚拙なことしかできなかった。
これは野党の時に、自分たちならどうする・・という視点が欠如していたからだろう。

何よりその視点が欠如していたのが、主権者=有権者=国民だろう。

主権者は、与えられた世の中を受け入れ、気に入らなかったら文句をいう・・という存在ではない。
自分たちが考える世の中はこうだ・・というビジョンを持ち、同じビジョンを持つ仲間と政治参加する。
それが主権者だ。

何度も書いてきたが「愛国心」=「今ある国を愛せ」ではない。
「愛すべき国を作る」のが「愛国心」だ。そのためにはどうしたら良いか・・と、自ら参画するのが主権者だ。
こう考えるべきだろう。

こんな考えに近いのが三宅洋平じゃないのか?
そう感じさせる。
ようやく主権者が、覚醒し始めたのかもしれない・・
この覚醒を、宗主国の陰謀で葬られることのないように、大事に育てていかなければならない。







~~~~~~ここから~~~~~~~
「17万人のメッセンジャーが生まれた」若者を動かした選挙フェスと、三宅洋平のこれから
 自民党が大勝利を収めた先の参院戦だが、その一方で、新たな変化の兆しがあった。落選した比例代表候補の中で、ダントツの17万6970票を集めた無名の新人候補・三宅洋平。緑の党比例区から立候補したミュージシャンだ。選挙資金2000万円をカンパで集め、「選挙フェス」なる新たな手法で既存の選挙戦に殴り込みをかけた。ステージを組み、ミュージシャン仲間を次々と登場させ、バンドの伴奏に合わせてポエトリーリーディングのような演説を行うそのスタイルは、若者の間で広がる政治忌避を、街頭のフェス化によって変えようという試みだった。「選挙に立候補するのは、俺がみんなより強いからじゃない。あなたと変わりない俺が、勇気を振り絞っただけ」「俺はもう限界までやってるよ、君はどうするの?」――。自分への投票は二の次で、あくまで政治参加を呼びかける三宅の姿は、明らかにほかの候補者とは一線を画していた。全国17カ所で行われたこの選挙フェスは回を追うごとに動員を増やし、投票日前日、渋谷・ハチ公前には1万人以上の人が集まる騒ぎとなった。
 惜しくも三宅氏は当選とはならなかったが、選挙後、NHKや朝日新聞でも取り上げられるなど各所で話題となった選挙フェスとは、いったいなんだったのか――。三宅氏に話を聞いた。

――選挙を終えて約20日たちましたが(※取材時)、まずは現在の心境を教えてください。
三宅洋平氏(以下、三宅) 自分みたいな存在が選挙に出るっていうのはすごく勇気もいったし、どうなるんだろうっていう不安もあった。でも選挙中はとにかく死ぬ気でやっていたから、そういうのを突破した感はありますね。充実感とは少し違うけれど、チェックマークが一個ついたなと。これを受けて、さてこれからどうするか、というところですね。
――無名の候補者がまさかここまでやるとは、有権者の大半は予想していなかったと思います。
三宅 もっと完璧な立候補の仕方、たとえば今回は見送って2年くらい準備して、いろいろ根回しして、政治家とのコネクションを作って、お金もためて、隙のない戦略で立候補すれば、今回の2~3倍の票を取ることができたかもしれない。けれど、僕は不完全な候補者として、みんなに問題提起をしたかったということもある。選挙制度そのものについてや、マスコミの報道の仕方とか、今回の僕の立候補を通して、みんないろいろな矛盾に気付いたはずです。それに、これまでスタンダードとされていた、議員秘書になって立候補するという枠組みが、少し広げられたとは思っています。
――やはり17万6970票は、重みがありますか? 
三宅 あまりそうは感じてないですね。今回17万票だったというだけで、次の選挙ではまたゼロから1票ずつ取っていく、理解を得ていくということですから。ただ、今回の選挙を通して、17万人のメッセンジャーが生まれたとは思っています。もちろん政治家としては未知数だし不完全だし、目の前の経済を保証してくれる政党でもない。それでも三宅洋平を信用したいと思ってくれた人たちが、僕があがいて見せたように、これから周りの人たちにアクションを起こしていくための自信と勇気を持ったはずですから。
――デビュー当時からライブやネットを通じて社会に対するメッセージを発信していた三宅さんでしたが、今回の出馬を決めた、直接的な要因はなんだったのでしょうか?
三宅 3.11以前から反原発の運動を自分なりにやってきて、デモ、請願、嘆願、陳情、院内交渉までやったけど、ダメだった。これは自分たちが政治家になるしかない、そこまでやらないと社会は動かないなという気はしていました。そんな時に3.11が起こり、自分のミュージシャンとしての人生設計どうこうより、地球の存亡がかかってない? って。好きなことを来世でやるために、きれいな地球を残すためにやるしかないなと思ったんです。
――政治家にならなくても、ミュージシャンとして多くの人にメッセージを伝えることができるのでは、という声もあったと思いますが。
三宅 原発再稼動のことや憲法改正のことについては僕がアルバムなんて出したって変わらなくて、今すぐ、一市民として抑止しなきゃいけないことなんですよね。正直、すべての人にそういうモードになってほしい。“なに自分の人生生きてるの? そんな暇ないよ。そう思えてないなら、現実認識が甘いよ”って。それが僕の率直な意見ですが、それを一人ひとりに伝えていくのはすごく大変なことだし、なかなか理解されない部分もあると思う。となると、「なんであの人、あんなにがむしゃらに頑張ってるの?」という姿を見せるしかないんですよね。そしたら考えるでしょ? それしか方法がなかったんです。でも、立候補して17万票取るような騒ぎを起こしても、1ミリも変わってないって日々の連続なんですよね。
――「政治をマツリゴトに」というスローガンを掲げた新しい街頭演説「選挙フェス」は全国17カ所、延べ25会場で行われました。この様子は動画配信されたり、続々とYouTubeにアップされ、瞬く間に拡散されていきました。
三宅 拡声器と街宣車こそ、投票率低下の原因だと思っていたので、僕らなりのやり方を取り入れたんです。ストリートミュージシャンがひどい音を出したら、お客さんに「帰れ!」って言われるでしょ?(笑) 僕がこれまで出演してきたフェスやイベントのコネクションで各地のオーガナイザーがそれぞれ動いてくれ、延べ3000人超のボランティアが協力してくれました。このために、十数年間、全国でライブをやってきたのかもしれない、って思いますよ。
――ハチ公前をはじめ、どうやって場所を確保したんですか?
三宅 街頭演説は、2~3日前から陣取り合戦なんです。お花見と一緒。日本の政治と選挙って、すごく原始的なんですよ。ほかの政党とモメることもたびたびありましたね。僕らの場合はステージを組んじゃって、そのままどかないという手法だったんですが、「普通、街頭演説って、一カ所●●分だろう」とかいろいろ言われました。でも、そんなルールはどこにも書いてないし、これまで政治家っていうのは、とことん「ルールにのっとってやってますから」って、いろいろなことをゴリ押してきたんですよね。だから半分、その流儀に乗り、書いてないことはやっていいんだねって、そこはギリギリの駆け引きです。
――スピーチの中では、現在の政治の主流となっている、異なる意見を叩き潰すというやり方ではなく、お互いが対等に認め合い、納得できるまでとことん話し合う「チャランケ」(アイヌ語で談判、論議の意)の重要性を訴えていました。
三宅 「政治くそ」「官僚ふざけんな」「マスメディアファック」ってやってても、相手がデカすぎるんですよね。僕も以前はそれをやってしまっていたけれど、3.11で変わった。このやり方では、だめだったんです。やみくもに反対するだけでは、事故になるまで原発を止められなかった。どうあがいたって実権を握っているのは政府なんだから、彼らのモノの考え方を変えてもらうしかない。だから相手の意見を否定するのではなく、納得するまで話し合いたい。コミュニケーションしたいんです。僕たちはいま主流とされている社会とは違ったオルタナティブなライフスタイル、視点を持っているから、自民党のような保守勢力が思いつかないようなアイデアが出せる。だから政権を打倒するんじゃなくて、国会に僕らの価値観を少し混ぜてほしいんです。日本を僕ら色に少し染めたいんです。
――選挙後、NHKや朝日新聞でも取り上げられるなど各所で反響を呼んだ選挙フェスでしたが、初めての選挙戦、反省点はどんなところですか?
三宅 単純に与えられた時間が短くてやり切れなかったことが多々あったんですが、手が回らないところをわざと晒しておくことで、みんなが何を手伝ったらいいか明確にわかるようにしておいたんです。そしたら、勝手連が動きだしてくれた。僕らは自民党のような大きな組織じゃないから、ボランティアの協力が生命線だったんです。そうやって付け焼き刃で選挙運動に関わりだしたみんながそれぞれ課題に気付いたので、そこをひとつずつクリアにさせていきたいですね。今後、チームとして組織化していくのかどうかについては、今考えているところです。
 僕は自然農が一番だと思っていて、手を加えれば加えるほど、中央集権的なチームになってしまう。そうではなくて、それぞれのスタイルがネットを通じてつながり、必要があれば扶助し合うという、地方分権のひな型のようなものがたくさんできたらいいなと思っています。好きな音楽を選ぶように、自分が支持する人を選び、その人に対してもいろいろと意見が言えるムードを作っていきたいですね。
――3年後の参院選を目指す一方で、今回の方法論を用い、「1万人の選挙プロジェクト」として地方選に仲間を送り出していきたいとのことですが、今後の一番の課題はなんでしょうか? 
三宅 今回の選挙戦を通してできた足がかりをもとにやっていけば、100万、200万と支持の輪は広げられるだろうし、僕以外にもユニークな候補者が増えるでしょう。それくらいの現象は起きていると思います。けれど一方で、託しすぎなんじゃないかと思う部分もあります。僕に投票した17万人の人たちって、まだ紙に1票書いただけなんですよね。「社会をよくする」という意味では、まだ何もやっていないんです。僕に期待してくれるのはいいけれど、その考えってちょっと違うんじゃないかって。選挙期間中も何度となく「応援しないでください。応援させてください」と言ってきましたが、実際、自分の周りをよくするのは自分自身ですからね。それに、みんなが漠然と抱いている政治家像――なんに対しても明確な政策を持っている人間――を変えていかなければならないと思っています。僕自身、政治家はなんでも知っている完璧な人間である必要はないし、わからないことがあるなら、それはその都度、勉強していけばいいと思っています。
――ご自身が政治家になることよりも、あくまで一人ひとりが自分で考え、政治参加することを望んでいる、と。
三宅 選挙の結果は副産物でしかないし、社会変化を促す大きな原動力が生まれ、あらゆる既得権益者の中にも、もっと多様性のある社会を作りたいという人が増えれば、大成功ですよね。環境をないがしろにする経済政策とか、みんなの生き方を少しシフトチェンジするという目的のためには、これが僕に行使できる最短の道だと思います。これを音楽だけでやろうとしたら、とてつもなく長い道のりです。苦肉の策ではあったけれど、やり始めてみたら仲間が増えた。メディアなんてクソくらえって思っていたけど、いろいろな人がひしめき合っていて、応援してくれる人もたくさんいた。選挙を通して今まで以上に、僕自身の社会の見方が変わった部分もありますね。
(取材・文=編集部)
●みやけ・ようへい
1978年ベルギー生まれ。音楽家。日本アーティスト有意識者会議(NAU)代表。02年から09年まで、レゲエ・ロックバンド「犬式 a.k.a.Dogggystyle」のボーカル・ギターとして、日本はもとより、世界各地でライブ活動を行う。10年 バンド「(仮)ALBATRUS」を結成。11年3月、東日本大震災を期に、東京から沖縄北部の本部町に居を移す。自然農やエネルギー自給を取り入れながら「新しくて懐かしい」ライフスタイルの模索に入る。
~~~~~~ここまで~~~~~~~

「僕に投票した17万人の人たちって、まだ紙に1票書いただけなんですよね。「社会をよくする」という意味では、まだ何もやっていないんです。僕に期待してくれるのはいいけれど、その考えってちょっと違うんじゃないかって。選挙期間中も何度となく「応援しないでください。応援させてください」と言ってきましたが、実際、自分の周りをよくするのは自分自身ですからね。」
ってことだよね・・・
これが主権者。

by kitanomizube | 2013-08-27 03:24 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/20667001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やはり即時脱退だ 何故必要か? >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク