北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
未成年だが・・

未成年でも意見陳述の権利ぐらいはありそうだが・・札幌地裁は認めなかった
北海道新聞の記事から

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜
高校生の陳述認めず 泊原発の廃炉訴訟で札幌地裁
(07/30 08:07)
 道内外の1232人が北海道電力を相手取り、泊原発(後志管内泊村)1〜3号機を廃炉にするよう求めた訴訟の第6回口頭弁論が29日、札幌地裁(千葉和則裁判長)であった。原告2人が意見陳述を予定していたが、このうち両親と共に原告となり、高校生の立場から脱原発を訴えている帯広柏葉高2年の戸苅春香さん(17)=十勝管内新得町=については認められなかった。
 弁護団によると、裁判所は認めなかった理由を明らかにしていないが、事前の協議では「成年なら認める」との意向を示したといい、未成年というのが理由とみられる。
 未成年でも意見陳述はできるが、認められるかどうかは裁判所の裁量に委ねられている。
 戸苅さんは口頭弁論終了後の報告会で「大人が残した原発は私たち子供にとって大変な重荷。大人の一時的な都合で私たちの未来をこれ以上汚さないでください」と、陳述するはずだったメッセージを朗読。「将来を担う子供の意見にも耳を傾けてほしかった」と悔しさを語った。<北海道新聞7月30日朝刊掲載>
〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

何の責任も取らず、責任を取らなければならない事態が進行したときには、すでにこの世にいないだろう人が、目先の利益を追求した結果が原発であり、核兵器であり、戦争だ。
子どもたちは未来の100%だ。
この子どもたちの意見を聞くことは必要なことだし、その子どもたちに、様々な情報を与えることも必要なことだと思う。
憲法も、原発も、現在の大人は実はあまり関係がない。
すぐ死ぬんだから。
子どもたちは違う。
そのツケを未来永劫払い続けなければ行けない存在だ。
意見を聞く必要はないのかな?

by kitanomizube | 2013-08-01 05:49 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/20571380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< こうだとしたら終わってる・・ 北海幹線用水路 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク