北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
未来の100%

素晴らしい名言だ
子どもは人口の20%だが未来の100%だ!
東京新聞の記事から

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜
 英国のブレア元首相は、政権獲得前の党大会の演説で、こう言って喝采を浴びた。「政府の最優先課題を三つ挙げろと尋ねてほしい。教育、教育、教育だ」▼ その政権を財務相として支えたブラウン氏は首相ほど華も人気もなかったが、雄弁家のブレア氏をうならせる名言を吐いている。「子どもは人口の20%だが、未来の100%だ」▼一九八〇年代、サッチャー政権の構造改革で英国病を脱した英国はしかし、新たな病を得た。格差が広がり、貧困に苦しむ子どもが急増した。七〇年代半ばに5%だった児童の貧困率は、九〇年代半ばには14%にも達した。そこで登場したブレア政権の取り組みで、二〇〇五年には10%にまで抑えた▼では、日本の子どもの貧困率はいかほどか。経済協力開発機構(OECD)によれば、八五年に11%だったのが、〇九年には15・7%にもなった▼であるのに、子育て支援などに費やされる公的な支出は、国内総生産(GDP)の1%。英国やフランスは3%台だ。児童の貧困率は先進三十五カ国中で九番目に高く、対策費のGDP比は下から七番。さて、政治の貧困度は何番目だろうか▼さすがに、「子どもの貧困対策法」制定を求める声が広がり、議員立法の動きも本格化してきた。あすは東京で市民集会も開かれる。いま子どもたちの貧困に目を向けねば、未来は大きく蝕(むしば)まれる。
〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

T中が構想し、K泉の劇場政治でぶっ壊し、戦争お宅のABが踏みにじった日本の子どもの将来と教育。
今更にABがとどめを刺そうとしている・・・
彼のイギリスと、なんという開きがあることか・・・

イギリスと言えば食糧自給率もかつて30%台まで下がっていたが、今や100%だ。
政治にビジョンがないと、こういう差になるんだね・・
目先の利益しか見ていないからこうなるのだろうね・・・官僚も政治家も資本家も・・

by kitanomizube | 2013-05-19 04:54 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/20228930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 責任・・ これだもんな・・・ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク