北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
当然だが戦後初、画期的・・

昨年末の衆院選が違憲、しかもついに、選挙が無効との判決が出た
NHKNewswebの記事から

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜
広島高裁が衆院選「無効」判決 戦後初
3月25日 16時17分
去年の衆議院選挙で、選挙区ごとの1票の価値に最大で2.43倍の格差があったことについて、広島高等裁判所は「国会はおととしの最高裁判決で格差を是正する義務を負ったのに、区割りなどを改正しなかった。もはや憲法上、許されない」と国会の対応を厳しく批判し、広島県の2つの選挙区の選挙を無効とする判決を言い渡しました。
国政選挙を無効とする判決が言い渡されるのは戦後初めてです。
去年12月の衆議院選挙は、選挙区ごとの1票の価値に最大で2.43倍の格差がありました。
おととし最高裁判所が「憲法違反の状態だ」と指摘した前回、4年前の選挙よりも広がりましたが、選挙は同じ区割りのまま実施されたため、弁護士などのグループが「国民の意思を反映した正当な選挙と言えない」と主張して、全国の裁判所に選挙の無効を求める訴えを起こしています。
このうち広島1区と2区を対象にした裁判の判決が、25日に広島高等裁判所で言い渡されました。
判決で、筏津順子裁判長は「おととしの最高裁判決によって、国会は格差是正を優先的に行う義務を負ったのに、政党間で意見が対立し区割りの改正などを行わなかった。こうした審議の紛糾は、三権分立を採用した憲法で想定されていない事態だ。民主的な政治の選挙としてはゆがみが重大で、最高裁判所の違憲審査権も軽視されていると言わざるをえず、もはや憲法上、許されない」と国会の対応を厳しく批判しました。
そして、去年の選挙は憲法違反だと判断したうえで、広島1区と2区の選挙を無効とすることを命じました。
国政選挙を無効とする判決が言い渡されるのは戦後初めてです。
一方、判決は、直ちに選挙を無効にすると、この選挙区の議員がいない状態で選挙制度の改正が行われるなどの弊害が出るとして、去年、国会で小選挙区を5つ減らす「0増5減」の法律が成立したことを受け、政府の審議会が区割りの改定作業を始めてから1年となる、ことし11月27日に判決の効力が生じるという条件をつけました。
〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

広島高裁岡山支部も無効判決
NHKNewswebの記事から

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜
広島高裁岡山支部も選挙無効の判決
3月26日 12時16分
去年の衆議院選挙で、選挙区ごとの1票の価値に、最大で2.43倍の格差があったことについて、広島高等裁判所岡山支部は「選挙までに格差を是正しなかったのは、国会の怠慢であり、司法判断に対する甚だしい軽視というほかない」と指摘し、25日の広島高裁の本庁に続いて選挙を無効とする判決を言い渡しました。
去年12月の衆議院選挙は、選挙区ごとの1票の価値に最大で2.43倍の格差があり、弁護士などのグループが、全国の裁判所に選挙の無効を求める訴えを起こしています。
このうち、岡山2区を対象にした裁判で、広島高等裁判所岡山支部は26日、岡山2区の選挙を無効とする判決を言い渡しました。
国政選挙を無効とする判決は、25日の広島高裁本庁に続き、2件目です。
26日の判決で、片野悟好裁判長は「おととし最高裁が『憲法違反の状態』と指摘してから選挙までのおよそ1年9か月は、衆議院議員の任期のおよそ半分に当たるので、区割りなどを改定するのに不十分だったとは到底言えない。国会は選挙前、駆け込み的に『0増5減』の法律を成立させたのみで、選挙までに格差を是正しなかったことは怠慢であり、司法判断に対する甚だしい軽視というほかない」と指摘し、国会の対応を厳しく批判しました。
判決のあと、原告側の賀川進太郎弁護士は「条件を付けたきのうの広島高裁の判決よりさらに踏み込んだ歴史的判決であり、正直びっくりしている。国会は、この判決を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と述べました。
25日の広島高裁本庁は、ことし11月末までは判決の効力が生じないという条件を付け、国会が区割りの改定などをするためのいわば「猶予期間」を設けましたが、26日の岡山支部の判決はこうした条件も付けず、国会に対して、より厳しい姿勢を示しました。
一連の裁判では、東京高裁と広島高裁松江支部も26日午前、選挙を無効にすることまでは認めませんでしたが、去年の選挙を憲法違反とする判断を示しました。
午後も、大阪や沖縄など4つの裁判所で判決が言い渡されることになっています。
〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

国政選挙の一票の格差については、これまでも数々の違憲判決が出ていたが、選挙が無効という判決は出ていなかった
そう言う意味で、日本の憲政史上初の判決は意義がある
国が上告し、最高裁で争うのだろうが、どういう結論にするのか・・・

一票に格差があるのは違憲状態だと言うことについては、判例が確定しているので異論はないだろう
しかし、選挙権かが無効というのでは、現政権はどうするのか??
無効で当然なのだが、この国の死んだ司法はどうするのか注目に値する

もう一つ、この判決が最高裁で覆された場合、この判決を出した裁判官はどうなっていくのか・・・
これもまた注目に値する
日本は、最高裁事務総局が判事の人事をしている
最高裁に反旗を翻すような判決を出した裁判官は、その後、地方の小さな裁判所を回され、昇進することはない
あるいは再任用拒否される事が通例だ
さて、今回は・・・

by kitanomizube | 2013-03-26 21:08 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/19738674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< こういうのも良いなあ・・ 女工小唄に蟹工船・・・ >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク