北の水辺で水面や空を眺めての独り言

by kitanomizube
 
気持ちは分かるが・・

知事も村長も、誰のための政治をやっているのか思い出してほしい
河北新報の記事から

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜
放射線量「新たな安全基準を」 福島県知事、政府に要請
 福島第1原発事故で、佐藤雄平福島県知事は17日、福島市であった政府と周辺12市町村との意見交換会に出席し、放射線量の新たな安全基準策定を政府に要請した。
 空間放射線量の主な目安は現在、除染目標が年間1ミリシーベルト以下、活動制限が緩和される避難指示解除準備区域の指定が20ミリシーベルト以下。しかし、原発北西方向を中心に、現在の除染技術では1ミリシーベルト以下の早期達成が難しい地域も少なくない。
 佐藤知事は「あくまでも1ミリシーベルトを目指すが、苦慮している。達成できる数値を示してほしい」と語り、実態に合わせ、時期や線量を細分化した安全基準を政府の責任で示すよう強く求めた。
 佐藤知事は「世界の英知を集め、信頼できる基準を示してほしい。仮置き場、観光、食などさまざまな問題につながる」と強調。根本匠復興相は「(安全性をめぐり行政や住民が情報や意見を交換する)リスクコミュニケーションの中で対応させていただく」と、検討を約束した。
 当面の除染目標を独自に5ミリシーベルトとしている飯舘村の菅野典雄村長は「1ミリシーベルトでは10年、20年と帰れなくなる。国に文句を言うだけではなく、前進したい」と語った。
〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

放射線の基準が達成できなくて、ふるさとへ帰還できない・・
10年、20年かかるかもしれない・・
そういう焦燥感はわかる
帰りたい気持ちもわかるが、だから基準をゆるめてくれ・・というのは違うのではないか?
自分を選んでくれた住民のことを考えたら、移住もやむなしではないのか・・

原発事故というのはつまり、そういうことだと
文句を言うだけでなく・・ではなく、文句を言い、補償を求め、いつまでも何もしない当事者の東電の、政府の責任を追及してほしい
それが自治体の首長の役割ではないか?

by kitanomizube | 2013-02-20 22:39 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitanomizu.exblog.jp/tb/19331538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< これだけではわからないが・・ これで賃金が増えるわけがない >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 06:59
48%まだあることに驚き..
by 箱だって紙だって at 18:56
コメントありがとうござい..
by kitanomizube at 15:22
災害お見舞い申し上げます..
by n-ono@zeus.eone at 07:23
岬めぐりさん、コメントあ..
by kitanomizube at 06:02
最新のトラックバック
錦織、フェデラー破る金星
from たまりんの気ままなPC日記
ベータ線熱傷の意味
from ペスカトーレ
360と430
from 日常から正方形に切り抜く
厚生労働省
from パソコン 勉強
厚生労働省
from 精進料理
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク